【うんちの画像で見る】子供が白いうんちをした時の対処法と3つの病気

シェアする

うんちには様々な病気のサインが隠されています。
まだ自分で体調管理ができない小さな子供のうんちは、大人が特に注意して見てあげる必要があります。

この子供のうんちですが、時に白っぽいうんちをすることがあります。
白いうんちが出ると「ロタウィルス!?」と身構える方が多いですが、実は白いうんちが出る病気はロタウィルス以外に存在しているのをご存知ですか?

今回はうんちが白くなる病気と、白いうんちが出た時の対処法をご紹介いたします!

スポンサーリンク

子供のうんちが白くなる病気

肝臓から出る胆汁(たんじゅう)には、古くなった赤血球が分解されてできる「ビリルビン」という黄色い色素が含まれて居ます。
このビリルビンが胆汁内に廃棄されることで、便や尿に混ざって黄色(茶色)になります。

健康であれば尿が便が黄色や茶色になるのは自然なことなのですが、何らかの病気が原因で胆汁がうまく廃棄さ廃棄されなかったり、作られなかったりすることで白いうんちが出ることがります。

では、どのような病気で子供のうんちが白くなるのでしょうか?
実際の白いうんちの画像と共に見ていきましょう。

アデノウイルス感染症


片山こどもクリニック / こどもの病気 より引用

春から秋にかけて流行することが多いですが、年間通して感染するのがアデノウイルス感染症です。

アデノウイルス感染症は別名「お腹の風邪」と呼ばれるくらい下痢症状が現れるのが特徴で、0~3歳児が特に感染しやすい傾向にあります。

アデノウイルス感染症に直接有効な薬は存在しないため長引くことが多く、約2週間程度下痢症状が続きます。
また、感染した約半数に嘔吐症状が見られますが、嘔吐は2日程度で治まります。
下痢や嘔吐の症状が現れる反面、発熱は見られず出ても微熱程度で済みます。

治療は整腸剤を服用して症状が落ち着くのを待つしかないので、下痢や嘔吐の症状がある時は無理せず自宅で様子を診るようにしましょう。

腸重積(腸閉塞)


kosococo.  / 7ヶ月の息子が「腸重積」で入院…(2) より引用

腸が腸の中に入り込むことで腸閉塞を引き起こし、まず最初に腹痛や嘔吐の症状が現れます。
腹痛は陣痛のような規則的な腹痛であることが特徴で、火が付いたようにギャーッと泣き叫んだかと思えば、しばらくするとピタっと治まります。

1歳前後の乳幼児が発症することが多く、お腹をかばう仕草をするので見逃さないようにしましょう。

こんな症状は要注意
お腹を丸めるようにうずくまる。
お腹を手で押さえている。
しゃがんでお腹をかばう。等

腸重積(腸閉塞)は早急に腸を正しい位置に戻してあげる必要があるので、「もしかして・・・」と思ったら迷わず小児科を受診しましょう。
病院が開いていない夜間の場合や自分では判断が付かない場合は、#8000 に電話することで、医師や看護師の指示を仰ぐことができます。

乳糖不耐性


海斗の成長記録 / 乳糖不耐性・・・・ より引用

  • 生まれ持った「先天性乳糖不耐性」
  • 子供の成長と共に発生する「遅発性乳糖不耐性(後発性乳糖不耐性)」
  • 風邪や胃腸炎などのウイルス感染による「二次乳糖不耐性」
赤ちゃんや小さな子供が何回も下痢や嘔吐の症状が続いている場合は、これらの乳糖不耐性である可能性があります。

乳糖不耐性の大半はウイルス感染による二次乳糖不耐性であることが多く、風邪などで腸が弱ることで乳製品などの乳糖を消化吸収できなくなることで起こります。

離乳食がある程度進んでいる等でミルクを必ず飲ませなくてもいい場合は、可能な限り乳製品を排除して自宅で様子を診ます。

しかしまだミルクが必要な時期の赤ちゃんは脱水症状を引き起こす可能性があるので、なるべく早く小児科を受診するようにしましょう。

判断に迷ったら#8000を利用しよう

子供は突然ケガや病気をするものです。
なかには今すぐ病院に行くべきなのかどうか判断しにくいこともありますよね。

私は長男が生後2か月の時と、1歳半頃に#8000のお世話になりました。
夜間・休日の病院が開いていない時間に利用しましたが、現役の看護師の方が丁寧に話を聞いてくださり、最寄りの小児救急外来を紹介してくれたおかげてすぐ受診することができました。

エトウ
え~!何これヤバイんちゃうん!?
…でも元気だし、病院行こうかどうしようか…?

そう悩んだら、まずは#8000でプロに指示を仰ぎましょう。

#8000とは?

厚生労働省が実施している子ども医療電話相談事業のことです。
保護者が休日や夜間などで、子供の症状にどう対処したら良いのか判断に迷った時に、小児科医師や看護師に電話で相談できます。

スマホや固定電話から「#8000」とダイヤルすることで利用できます。
都道府県によって実施時間帯がことなるので、以下の公式サイトから確認しておきましょう。

白いうんちは病院に持っていく

長男が保育園に入園してしばらく経った頃、アデノウイルス感染症にかかりました。
うんちが緩く、声枯れや発熱など風邪のような症状があったため自宅で様子を診ていましたが、白いうんちが出たためすぐに小児科を受診しました。

白いうんちにただ事ではない危機感を感じたので、オムツごとうんちを袋に入れて病院に持っていき、診察の時に医師に診せました。
うんちの持参は小児科としても助かるそうで、場合によってはうんちを検査して原因を特定することもあるそうです。

エトウ
水のような下痢は感染力が強いので、ソフトクリームくらいの柔らかさになるまで登園は控えます。
子供が白いうんちが出たら、とりあえずうんち持って小児科へGO!

スポンサーリンク

シェアする