乳幼児でも楽しめる!小さな子供を連れてUSJに行って来た

シェアする

USJと聞くと、どこか大人なイメージがありませんか?

これは私の個人的なイメージなのですが、「乳幼児は楽しめないんじゃないか」って感じていたんです。

しかし!
実際に2歳になったばかりの息子を連れてUSJに行きましたが、十分楽しめました!
もちろん、息子本人もキャッキャと叫びながら楽しんでいました。

小さな子供を連れてUSJに行こうか悩んでいる方のためにも、私が2歳になったばかりの息子を連れて楽しめた理由と、乳幼児でも乗れるアトラクションをご紹介いたします!

スポンサーリンク

結論 0歳からでもUSJは楽しめる!

先日、息子の2歳のお祝いにUSJに行ってきました。

「小さな子供はまだ楽しめないんじゃないか」っと思っていましたが、息子はキャッキャと楽しそうにしていました。

3回目のUSJだったのですが、子供を産むまでは気づけなかったサービスがあったんですよ!
更に私自身も、重装備で出かけたので安心して楽しむことが出来ました。

それでは、私が利用したサービスやアトラクションなどをご紹介いたします!

1回分の待ち時間でOK!「チャイルドスイッチ」を利用した

私が真っ先に向かったのが、「ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリーポッター」(ハリーポッターエリア)内ある、「ハリー・ポッター・アンド・ザ・フォービドゥン・ジャーニー」です。

これを乗るためにUSJに来たっ!

公式サイトにあるように、このアトラクションは身長制限122cm以上となっているので、2歳の息子は楽しむことができません。

息子を抱いて列に並ぼうとしたら、係りの方に提案していただいたのが「チャイルドスイッチ」でした。

チャイルドスイッチとは

身長制限のあるアトラクションで、身長が足らずに楽しめない子供がいる場合に、1回分の待ち時間で身長制限をクリアしている同伴者が、アトラクションを楽しめるというシステムです。
利用は、係りの方に声を掛けるだけでOK!
事前予約などは一切不要です。

チャイルドスイッチの利用は2名ずつとなります。
今回は私を含めて実母と姉(大人3名)と息子だったので、前半に私と姉、後半に私と祖母というようにチャイルドスイッチを利用しました。
人数によって、2回楽しめる人が居るということにもなりますね!

ほとんどのアトラクションでチャイルドスイッチを利用できますが、一部のアトラクションでは利用できないので、公式サイトで事前に確認しておくと安心ですね!

子供と保護者が待っている場所は、アトラクションによって様々でした。

例えば、「ハリー・ポッター・アンド・ザ・フォービドゥン・ジャーニー」では、完全室内だったので、季節や天候に左右されず安心して利用できました。

しかし、「ミニオン・ハチャメチャ・ライド」では、屋根はあるものの完全に屋外だったので、季節によっては少し心配です。
実際に待っていた息子と実母は、汗をかいていました。

チャイルドスイッチの待合室には、子供に関する荷物の持ち込みは可能ですので、お茶や防寒着・うちわやハンドタオルなど屋外で待っていても安心できるアイテムを持っていくと安心ですよ!

抱っこ紐とベビーカーをフル活用した!

乳幼児とのお出かけに欠かせないのが、抱っこ紐とベビーカーですよね!

私は通勤ラッシュの中を、電車を乗り継いでUSJに行ったので、今までで一番抱っこ紐の重要性を感じました

更にアトラクションの待ち時間も、抱っこ紐で抱っこして過ごすことも多かったです。
抱っこしていればグズることはありませんし、どこかにフラッと行ってしまうこともなく安心でした。

途中で寝たり、乗る気になってくれれば、ベビーカーに乗せていました。

おみやげや手荷物をベビーカーにぶら下げることも出来たので、やっぱりラッシュの中でもベビーカーを持っていってよかったです!

1日1,000円でベビーカーが借りれる

手荷物多いし、ラッシュの中でベビーカーまで持って行けない!っという方も居ると思います。

そんな時は、USJ内で1日1,000円でベビーカーを借りることができますよ!
リクライニングありなので、赤ちゃんでも安心して利用できます。

レンタルできる場所は、エントランスを入って右側のカウンターで借りることができます。

アトラクションに並ぶときは、ベビーカーをベビーカー置き場に預けなければいけません。
そのまま子供を乗せて並べないので、やはり子供が小さい場合は抱っこ紐は必須ですね!

お守り代わりに迷子紐を使った

なんやかんや言われて論争が起きるまでになった「迷子紐」を、この日のために購入してみました。

基本は手を繋ぎますが、やはり2歳児。
親の手を振り払って、好き勝手にどこかに行ってしまいます。

USJは、平日でも多くの人が居るので、人ごみで見失うと迷子になってしまうことが分かりきっていました。


そこで!子供を守るための迷子紐です。

この迷子紐の良いところは、収納にコンパクトなところ。
リュックに紐が付いているタイプだと、収納しにくい上に、夏場は子供が背中に汗をかいてしまいます。

この迷子紐は、親と子供の腕に付けるだけ!
マジックテープ式なので、着脱がスムーズです。

2歳児が取ろうとしてもなかなか取れない丈夫なマジックテープで、バネもしっかりしてるので、途中で切れる心配はありません。

息子は「ビヨーン!」と言いながら、よろこんで付けてくれました。
しかし嫌がる子も居ると思うので、事前に慣れさせておくと安心です。

子供の飲み物や食べ物を持ち込んだ

USJの公式サイト「ルールとマナー」によると、

お弁当やお飲み物など飲食物の持込をお断りいたします。
お弁当や飲み物などの飲食物を持参された場合にはメインゲート(パーキング側)外側にあるピクニックエリアをご利用ください。

とあります。
つまりは、飲食の持込は原則禁止ということですね。

しかし、パーク内のレストランなどの食べ物をまだ食べられない離乳食期の赤ちゃんや、順番待ちの間にグズる可能性のある幼児の場合も、同じように言われてしまうのでしょうか。

ネット上の情報も、「私の場合は何も言われませんでした」等のあやふやな情報ばかりだったので、USJに直接電話で問い合わせてみました。

その時の回答は以下の通りでした。

USJの回答

離乳食やミルクの持ち込みは可能。

しかし、1歳半~2歳くらいの濃い味付けの食べ物が食べられない子供の食べ物(無味のパンやおにぎり)の持込は、スタッフが声をかける場合がある。

声をかけられた場合は、「まだ濃い味付けの物が食べられないかた」「長時間アトラクションを待てないから」など、説明していただく場合がある。

「家族でお弁当広げているわけじゃないなら、何も言わないと思うんですけどねぇ~」と、オペレーターの方は仰っていたのですが、絶対ではないということです。

私の場合は、無味のパンとおにぎりとお菓子を自宅から持参して、水筒に冷たい麦茶を入れて持ち込みました。

他の方も堂々とコンビニ袋をぶら下げて入場していたので、ガッツリ食事ではない限り何も言わないことが多いように感じました。

さすがにファーストフード店で、3~4人前を購入して持ち込もうとしていた外国人は止められていましたが・・・。

小さな子供を連れて出かけるには、飲み物と食べ物は必須!
子供の物だけなら、問題ないということで良いのではないでしょうか。

乳幼児でも楽しめるアトラクション

さて、小さな子供を連れてUSJに行くとなると、どのアトラクションで子供が楽しめるのか!っというのが気になりますよね。

季節によっては、小まめに屋内に入って休憩がてらアトラクションを楽しむ必用もあります。

何より、退屈すると子供はグズる!

そこで!私が実際にUSJに行って、子供と楽しんだアトラクションをご紹介いたします。

ジョーズ

定員48名までの船に乗って、約7分間アトラクションを楽しみます。

身長制限は、一人で乗る場合は122cm以上。
122cm以下のお子さんの場合は、中学生以上の同伴者が居れば、一緒に楽しめるようです。

私は、息子を膝に座らしてアトラクションを楽しみました。

途中、大きな爆発音や発火などがあったため、本人は泣きそうな顔をしていましたが、なんとか泣かずにすみました。

大きな音が苦手なお子さんの場合は、チャイルドスイッチを利用して待たせておくと安心ですね!

スヌーピー・サウンド・ステージ・アドベンチャー

ユニバーサルワンダーランド内にある、「スヌーピー・サウンド・ステージ・アドベンチャー」です。

スヌーピーの仲間達と一緒に遊ぶ事が出来る、屋内プレイランドです。
やや薄暗い室内で、音と光の効果を楽しむことが出来ます。

息子はボタンを押すと音が出るのが楽しかったようで、ゲラゲラ笑っていました。

屋内には、「スヌーピーのグレート・レース」というジェットコースターもありますよ!

一人で乗る場合は122cm以上の身長が必用です。
保護者同伴の場合は、92cm以上の身長で楽しめます。

ハローキティーのカップケーキ・ドリーム

ワンダーランド内にある、「ハローキティーのカップケーキ・ドリーム」です。

一人で乗る場合は、身長122cm以上必要ですが、同伴者が居る場合は身長制限はありません。

くるくる回るのが楽しいようで、息子は不思議そうに周りを見ていましたよ!

カラフルなアトラクションなので、特に女の子が喜びそうですね!

エルモのリトル・ドライブ

3~5歳までの子供が楽しめる「エルモのリトル・ドライブ」です。

息子はまだ2歳だったので乗れなかったのですが、アトラクションの前には、実際のカートのレプリカが展示してあるので、それに乗って遊ぶことが出来るんです。

全くもって降りやしない(笑)
2台しかないので、「お友達と順番だよー」と声を掛けて納得してもらいました。

来年の誕生日には乗れるので、私も楽しみです!

エルモのイマジネーション・プレイランド

「エルモのイマジネーション・プレイランド」は、屋内に滑り台付きのボールプールや、柔らかい大きなブロック、大きな割れにくい風船、アスレチックなどの遊具施設があります。

こちらは、アスレチックで遊んでいる息子です。

しかし、この遊具は12歳からとなっていましたが、スタッフの方には何も言われませんでした。
保護者同伴なら2歳でも遊んで良いのかもしれませんが、確認していません。

床はカーペットになっていて、こけてもダメージは少なめで安心です。

続いて、割れにくい大きな風船で遊んでいる息子でです。
楽しみすぎてブレていない写真がありません(汗)

子供が乗っても割れない不思議な風船で遊ぶことができます。
この遊具は人気なようで、一番子供が多く集まっていました。

風船が人に当たっても痛くありせんが、ボールにぶつかると小さな子供は弾き飛ばされるので、保護者は目を離さないようにしましょう!

ヨチヨチ歩きの赤ちゃんも楽しそうに風船で遊んでいましたよ♪

まとめ

結論として、2歳になりたての息子も十分に楽しむことができました!

未就学の小さな子供は、ユニバーサル・ワンダーランドが一番楽しめるエリアです。
保護者同伴なら、0歳の赤ちゃんでも楽しめるアトラクションや遊具が沢山あります。

また、天候や気温に左右されずに遊べる、屋内遊具場もあるので安心ですね。

ただし、テンションMAXの子供が走り回っているので、保護者の方は必ず子供から目を離さないようにしましょう!

スポンサーリンク

シェアする