タオルがカビた!黒いポツポツを取るには漂白剤と洗剤で煮る

シェアする

先日、実母からもらったお気に入りのタオルがカビたエトウ(@matome_etou)です。

「いやああああ!気に入ってたのにいいい!」
・・・捨てるのも悔しいですし、ググりまくった結果、なんとタオルを煮ると良いそうな・・・。

先に結果を言うと、めっちゃキレイになったので、今回はおぼえがきがてら方法をまとめてみました。

カビたタオルを復活させる方法はコチラから飛んでください。

スポンサーリンク

タオルにカビが生える原因

小まめに洗濯をしていても、気づいたらタオルがカビ臭い。
タオルに黒いポツポツとした物ができている。
実はそれ、「黒カビ」の仕業なんです!

カビの菌は、洗濯槽の中や空気中に漂っている身近な菌です。
カビの菌は、湿度80以上20~30度の温度で発生しやすくなります。

 Life Memo
Life Memo
https://etoumatome.info/archives/609245.htm
「そうなんだ!」を届ける情報ブログ

タオルにカビが生えてしまうのは、これらのカビの発生条件が整っているからなんですね。
使った後のタオルを、脱衣所に広げておいても、湿度と温度の高い脱衣所ではカビは活発になります。

水分を含んでいる使用済みのタオルは、正にカビのエサになってしまうんです!

カビが生えない脱衣所の環境作り

使用済みのタオルは、脱衣所に広げておくほうが洗濯もしやすいですし、なにより浴室から出てすぐに行なえる手軽さがありますよね。

しかし前述したように、入浴後の脱衣所は湿度と温度が高いので、カビが活発に発生しやすくなっています。

これらカビが発生しない脱衣所の環境作りとして行なえるのが・・・

  • 入浴後は、すぐに除湿機を使用して湿度を下げる
  • 浴室と脱衣所の扉を全開にして、換気扇を回す
  • 戸棚や洗濯機の裏などのカビが発生しやすい場所には、除湿剤を設置する

これらの対策を行なうだけで、快適な脱衣所になりますよ!
もちろん使用済みのタオルは、カビ防止のために広げて干しておいてくださいね。

カビたタオルを復活させる方法

タオルに黒いポツポツができてしまったり、なんだかカビ臭い場合。
そのタオルにはカビが発生しています!

タオルにカビが生えたら、もう何だか凄く脱力してしまいますよね・・・。
「もうええわ、捨てよ」っと、今までの私なら処分していました。

しかしお気に入りのタオルがカビたので、今回は維持でもカビたタオルを復活させます!


<カビたタオルを煮沸する>

用意するもの

  • 酸素系漂白剤 小さじ1
  • 洗濯洗剤 小さじ1
  • 大きめの鍋(アルミの鍋以外)

煮沸の仕方

  1. 大きめの鍋にお湯を沸かします。
  2. お湯が沸いたら中火にし、酸素系漂白剤と洗濯洗剤を入れます。
  3. タオルを入れて、10~20分煮る
  4. タオルが煮れたら、冷水で洗っていつも通り洗います。

40℃以上の温水に、酸素系漂白剤を加えて浸けおきする方法を最初に試したのですが、全くカビは取れませんでした!

一時的にカビ臭はマシにはなりますが、根本的にカビが取れていないのでまた直ぐに臭います。
この方法は、タオルの雑巾臭には有効ですが、やっぱカビ先輩には全く効果はありません・・・。

実際に漂白剤と洗濯洗剤で煮沸した結果、びっくりするくらいキレイになりました!
まさに復活!
もちろん、カビ臭さもありません。

脱衣所の環境を整えていても、使用済みのタオルはカビやすいです。
ですので、もしタオルにカビが生えたら、この方法を是非試してみてくださいね!

スポンサーリンク

シェアする