楽天モバイルのメリットとデメリット。2年間利用した感想

シェアする

日ごろから楽天サービスを利用しているエトウ(matome_etou)です。

Docomoからワイモバイルに乗り換えた後、楽天モバイルを2年間使用していました。
息子が産まれてから2年間専業主婦をしていたので、とにかく通信料を抑えたかったのが乗り換えの理由です。

今回は、楽天モバイルを2年間使用して感じたメリットとデメリットをご紹介いたします。

スポンサーリンク

楽天モバイルとは

サイト楽天モバイル公式サイト

楽天モバイルはここ数年でCMでもよく見かけるようになり、「どんな会社なの?」「スマホ代は安くなるの?」と気になっている方が多いと思います。

楽天モバイルは、楽天市場でおなじみの楽天グループが提供しています。
Docomoの通信回線を使用しているので、安定したインターネット通信を提供しています。

エトウ
スマホ本体とSIMの同時契約はもちろん、SIMだけ契約することもできるので、お気に入りのSIMフリーのスマホで楽天モバイルを利用することが可能!
私はこだわりがなかったので、スマホとSIMをセットで契約しました。

楽天モバイルは2種類のSIMがある

楽天モバイルで取り扱っているSIMは2種類あります。
キャリアから楽天モバイルに乗り換える場合(MNP)は、音声通話SIMを選ぶことになります。
音声通話SIMは、今まで通り090や080・070での通話ができて、更にインターネットを利用することができるSIMです。

  • 音声通話SIM … 通話とネットの利用が可能
  • データSIM … ネットのみ利用可能
エトウ
通話はスカイプやLINE電話でするという人は、データSIMにすることで基本料を節約することができます。
電話はいままで通りに使いたかったので、私は通話SIMを契約しました。

ここで気を付けたいのが、「データSIMから音声通話SIMに変更したい」となった場合は、SIMの変更はできません。
一度解約を行い、新しいSIMを契約する必要があります

この場合、契約して12か月以内の場合は解約金(契約解除料金)として9,800円が必要になります。
SIMカードを選択する時は、自分に合ったSIMをよく考えて選ぶようにしましょう。

機種変更をしてSIMのサイズが合わなくなった場合は、SIMのサイズ変更が可能です。
ただし、再発手数料として3,000円が必要になります。

シンプルな料金体系で分かりやすい

楽天モバイルには、ベーシック・3.1GB・5GB・10GBの4種類のプランがあります。
また、新料金プランの「スーパーホーダイ」や「組み合わせプラン」で20GB・30GBのプランが提供されます。

音声通話SIMデータSIM(SMSあり)データSIM(SMSなし)
ベーシック1,250円645円525円
3.1GB1,600円1,020円900円
5GB2,150円1,570円1,450円
10GB2,960円2,380円2,260円
20GB4,750円4,170円4,050円
30GB6,150円5,520円5,450円

この料金にプラスして通話料金が請求されます。
分かりやすいシンプルな料金プランなので、自分に合ったプランを自由に選ぶことができます。

楽天ポイントがもらえる

楽天モバイルの全ての料金プランでは、利用料金につき1%の楽天ポイントが付与されます。
貯まったポイントは楽天モバイルの支払いに使えるにはもちろん、楽天市場など楽天グループが提供する全てのサービスの支払いに使えます。

また、楽天モバイルで楽天市場を利用すると、必然的にポイント付与率が2となるためお得です。
ただし、ポイント2倍は楽天市場での買い物のみ対象です。

私が楽天モバイルを2年間利用した感想

さて、ここまでザックリと楽天モバイルについてご紹介しましたが、いよいよ私が2年間楽天モバイルを使って感じたメリットとデメリットをご紹介していきたいと思います。

メリット 通信費が安くなった

皆さんが気になるのは、やはり楽天モバイルで実際に通信費が安くなるのかどうかですよね。
結論から言うと、今までで一番安くなりました!

私は音声通話SIMとスマホ本体のセットで契約し、契約当初はベーシックプランでしたが、しばらくして3.1GBに変更しています。

Docomoを利用していた頃は、ガラケーでも6,000円は毎月請求が来ていました。
ワイモバイルにして通信費をおさえることができましたが、それでも通話料と合わせて4,000円程度請求が来ていました。

楽天モバイルにしてから、ベーシックプラン(音声通話SIM)1,250円+通話料なので、月々の利用料金は平均で2,300円程度にまで抑えることができました。

デメリット 設定を全て自分で行わなければならない

APN設定(rmobile_jp)/楽天モバイル

楽天モバイルにすると、確実にスマホ料金を安くすることができます。
しかし低価格で提供できるのは、人件費や店舗維持費などをおさえているからです。
そのため、客ができることは自分でしなければなりません。

まずスマホとSIMカードが届いたら、スマホ本体の設定から同封されている説明書に従って行います。

パソコンやスマホなど機械類の操作や設定に慣れている若い世代なら問題なく行えるでしょうが、ご年配の方にはハードルが高いように感じました。(実際に40代の夫は私に全て丸投げでしたし…。)

大きなショッピングセンターなどに楽天モバイルの店舗が入ることも多くなってきたので、分からなければショップに一式持って行って設定してもらうのをおすすめします。

デメリット ベーシックプランは使いものにならない

私は家に居ることが多く、スマホを使う時はWi-Fiを繋いで使用することが多かったので、“スマホをほぼ使わない人向けプラン”であるベーシックプランを契約しました。

≪ベーシックプランとは≫

高速データ通信のパケット通信料の上限設定がない代わりに、回線速度が常に低速の200kbpsになるプランです。

「0GB」とも言いかえることができるため、低回線でもストレスを感じない人や、スマホをほとんど使用しない人におすすめのプラン。

家の中でWifiに繋いで使用するには問題なかったのですが、外で地図アプリを開いてルート検索をしたい場合や、ちょっとネットに繋いで調べ物をしたい時にめっちゃ時間がかかりました。

エトウ
公共フリーWi-Fiを利用したくなかったので、3.1GBプランに変更。
基本料金が1,250円→1,600円になりましたが、ちょこっと使うぶんには全くストレスは感じなくなりました。

デメリット 同時契約できる本体が微妙

スマホの機種にこだわりがなかったので、楽天モバイルが提供するSIMフリースマホとSIMカードを同時契約しました。

私が当時契約したのは、HUAWEIのhonor6 plusです。
2年使い続けてややバッテリーの減りは早くなりましたが、それ以外は問題なく使えています。

しかし、カメラのシャッタースピードが遅かったり、写真や動画の画質がイマイチ悪く、夜間の撮影は絶望的などの性能としてはイマイチと感じることが多かったです。

また、緊急地震速報が通知されない機種だったため別途アプリを入れていましたが、何かが原因で通知されないことが多々ありました。
地震大国日本に住んでいるので、緊急地震速報が通知されないのは最も気になるイマイチポイントでした。

デメリット スマホ本体のアフターサービスが酷い

夫もほぼ同時期に、楽天モバイルにスマホ本体とSIMフリーを同時契約しました。

私が契約したHUAWEIのスマホでは不具合はなかったのですが、夫が契約したソニーのスマホは、本体保証契約が切れた直後に電源が入らなくなり全損。
その後、同じく楽天モバイルで機種変更を行い、ASUSのスマホを契約しました。

しかし届いた時から液晶にヒビが入っていたので、初期不良で交換を申し出ることに…。
楽天モバイルでは対応できないとのことだったので、ASUSのサポートセンターに電話しましたが対応が酷かった

楽天モバイルではスマホ本体の故障などサポートは受け付けていないので、メーカーに直接問い合わせる必要がります。

私も夫も国内メーカーの機種ではなかったので、後々のサポートのことなどを考えると、サポート体制などのレビューもしっかり考慮して機種を選んだほうが良いですね。

結論、楽天モバイルにして良かった!

誰かに楽天モバイルを利用した感想を述べるのに、デメリットとメリットをあげて話した方が分かりやすいので一つ一つご紹介してきました。
こうしてみると、メリットよりデメリットの方が多いですね。(汗)
しかしスマホ料金が格安になるということは、安くなる理由が必ずあるということです。

ご紹介したデメリット以外に、キャリアでは当たり前だったメールアドレスを無料で使用できるサービスがありません。
最近ではLINEなどでやり取りをする人が増えているので、あえてこの部分はご紹介しませんでした。
どうしてもメールアドレスが必要な場合は、Gmailなどのフリーアドレスで十分対処することができます。

私は、ここまでスマホ料金が安くなるなら、これらのデメリットは全く気にしません。
むしろ一度経験しておけば、楽天モバイル以外の格安スマホ・格安SIMの会社と契約しても、ストレスを感じることはほぼないからです。

2年間楽天モバイルを使用した後は、再びワイモバイルを契約してiphoneにしましたが、こちらも自力で設定を行わなければいけません。
でも一度楽天モバイルで経験しているので、サクサク設定することができました。

ここまでスマホ料金を抑えることができるので、総評としては楽天モバイルにして良かったと感じます。

楽天モバイルはどんな人におすすめ?

楽天モバイルは、今テレビCMなどで話題の格安スマホ・格安SIMを提供している会社です。
シンプルな料金体系で余計なオプションがないので、スマホ料金を安くすることができます。
また、スマホの設定などを客に行わせることで、人件費や店舗維持費をおさえることができるため、スマホ利用料を格安で提供することができます。

≪楽天モバイルはこんな人におすすめ≫

  • 在宅ワークや主婦/主夫)などで、スマホの操作時間が短い
  • スマホの利用用金を極力抑えたい
  • ある程度のスマホの設定は自力で行える
  • メールアドレスにこだわりがない
  • 楽天市場など、楽天グループが提供するサービスを利用することが多い

私は、新規契約でiPhone SEが2万円で購入できるキャンペーンを実施していたのでワイモバイルに乗り変えましたが、何もなければそのまま楽天モバイルを使い続けていたと思います。

楽天モバイルにすればスマホ料金を安くすることができるので、個人的にはとてもおすすめです。
お子様や主婦の方などでスマホ料金を安く済ませたい人は、これを機会に楽天モバイルを検討してみてはいかがでしょうか。