妊娠検査薬で陽性反応!妊娠したらすぐやること6つ

シェアする

こんにちは!2歳の息子の育児中で、先日二人目の妊娠が分かったエトウ(matome_etou )です。

この記事にたどり着いた方は、妊娠検査薬で陽性反応が出たばかりという方が多いでしょう。
特に初めての妊娠だという人は、何をどうしたら良いのか分からず、スマホにかじりついて色々検索していたところだったと思います。

それでは、妊娠検査薬で陽性反応が出たらすぐに実行すべきことをご紹介いたします。

スポンサーリンク

妊娠が分かったらやるべきこと

妊娠すると「今までの生活で良いの?」「何か特別にしたほうがいいことがあるの」と、妊娠したことの嬉しさよりも不安が勝ってしまうことも少なくありません。

正直言うと、妊娠が分かったその日からやったほうが良いことがいくつかあります。
では、その一つ一つを詳しく体験談を交えて一緒にみていきましょう。

1:薬を服用していたら医師に相談する

私は発達障害があるため、症状を和らげるための薬を数種類服用していました。
途中で服用を中止しても離脱症状がある薬ではないので(私の場合は)、検査薬で陽性反応が出た翌日分から服用を中止し、すぐに医師に確認をとりました。

もし持病などで薬を飲み続けなければいけない場合は、かかりつけの医師に相談しておくと安心です。

<妊娠中は避けたい薬>

抗生物質:塩酸ミノサイクリン/ホスミシン/クラビット等

鎮痛剤:ロキソニン/モービック/ボルタレン等

降圧薬:エースコール/カプトプリル/タナトリル等

抗てんかん薬:フェニトイン/テパケン等

抗ウイルス薬:レベトール

妊娠中に服用しても問題ないとされた薬を処方されていても、もし胎児に何かあったらと考えると服用したくないものです。

もし、服用を中止しても現在の病状などに影響がないだろうと医師が判断した場合は、妊娠中は服用を中止するのも一つの手。

私は処方されていた処方薬全てを、妊娠が分かった時点で中止しました。

2:葉酸サプリメントを飲む

妊活をしていて授かったという人は、妊娠前から葉酸サプリメントを飲んでいた人も多いですよね。

葉酸サプリメントの摂取は、厚生労働省も推奨しています。
理想は妊娠1か月前から、遅くても妊娠が分かった時には摂取しておきたいサプリメントです。

葉酸は胎児の神経管閉鎖障害のリスクを下げることが期待できるため、胎児の先天的な奇形や運動障害などを予防することができます。

この葉酸サプリは妊娠3カ月頃まで積極的に摂取することが望ましいとされています。

ネットで「葉酸サプリメント おすすめ」と検索すると、様々な商品をすすめるサイトがズラズラ出てくると思いますが、その多くは収益目的のアフィリエイトサイトのためアテになりません。

こだわりがなければ、ドラッグストアなどで販売されている葉酸で十分でしょう。
葉酸の中でも、モノグルタミン酸葉酸を使用しているサプリメントは葉酸の吸収率が良いのでおすすめです。

私は妊娠が分かったその日に葉酸を買いに走りました。

3:服装を見直す

妊婦に冷えは大敵です。
体が冷えることでお腹が張りやすくなる以外に、妊娠中にありがちな便秘が悪化してしまったり、むくみやすくなります。

特に妊娠中はホルモンバランスの変化や自律神経の乱れなどで冷えやすくなっているので、腹巻や靴下・インナーなどを着用して服装を見直すようにしましょう。

私は一人目も二人目も秋に妊娠したため、発熱作用のあるインナーを着ていましたがかぶれてしまった経験があります。
妊娠して肌が敏感になった人は、綿100%のインナーがおすすめです。

4:アルコール・たばこはやめる

アルコールやたばこ・カフェインは妊娠中は良くないものだというのはご存じな方が多いと思います。

アルコールとたばこは、一部ネット上で「少しなら問題ない」などと適当を言ってる記事もありますが、胎児にどんな悪影響があるか分かりません。
アルコールとタバコは血管を収縮させる作用があるため、胎児の流産や早産の原因になってしまいます。
妊娠したら授乳を終えるまで、アルコールとたばこはきっぱりやめるようにしましょう。
参考飲酒、喫煙と先天異常/日本産婦人科医会

5:コーヒーや緑茶などは飲む量を減らす

カフェインは1日1~2杯程度なら問題ないとされていますが、気になる人はノンカフェインコーヒーや麦茶に変えるなどして工夫してみましょう。

私が愛飲しているのは、クライスのノンカフェインコーヒーです。
味がややビターなので、牛乳を加えて飲んでいます。
味も香りもコーヒーによく似ているので、一人目の頃から大変お世話になりました。

[amazonjs asin=”B008X0THIA” locale=”JP” title=”クライス カフェインカットのおいしいコーヒー 100g”]

6:産婦人科の受診予約する

あまり早く受診しても、胎胞が確認できなければ「○日後にまた来てください」と言われてしまいます。

目安は妊娠検査薬と同じ、生理予定日から1週間後です。
生理不順などで生理予定日が特定できない人は、産婦人科に電話で聞いてみましょう。

心拍が確認できて初めて妊娠確定ですので、まだ誰にも妊娠したことを伝えなないほうが良いでしょう。

7:体重管理を始める

妊娠検査薬で陽性反応が出た人で、早ければつわりが始まっている人も居ますよね。

吐き気やおう吐など”THEつわり”といった症状がある時は、無理に食べようとせずに食べられるものを食べられる量を食べるようにします。

逆に私のように吐き気などのつわりが全くない人や、食べつわりの人は体重が増えやすくなるため、早めに体重管理を始めるようにしましょう。

<おすすめの体重管理>

  1. 野菜・肉・魚をバランス良く食べる
  2. 夜は炭水化物を控える
  3. 炭水化物を控えすぎない
  4. 可能であればパンよりお米を食べるようにする
  5. 駅まで歩くなど、適度に運動する

▼ 妊娠中に体重管理を厳しく言われる理由をまとめました

マタニティライフを楽しもう


ネットで調べていると、「妊娠中はこれをしたらダメ!」「これを食べるな!飲むな!」とやかましく言われています。

二人目だから言えることなのかもしれませんが、特に食べ物や飲み物に関しては、生の肉や魚さえ避けていれば、無茶苦茶膨大な量を食べたり飲んだりしなければ大丈夫です。

あまりこだわり過ぎず、マタニティライフを楽しむようにしてくださいね!

スポンサーリンク

シェアする