新入学・入園の名前書き!最もラクでコスパの良かったものはコレ

シェアする

昨年4月、息子を保育園に入園させる前に感じた「名前書きめんどくさい問題」

毎日持参する衣服や歯ブラシセットはもちろんのこと、オムツや汚れた着替えを入れるスーパーの袋まで記名しなければいけません。
え、何コレ、すごいめんどくさいっす・・・。

こんなのまともに油性マジックで名前を手書きしてたら終わらない。
そこで色々調べてみたら、簡単に名前を書くことができるグッズがある!

今回は、私が1年間試してみた子供の名前書きの中から、最もコスパが良くて楽だったものをご紹介いたします!

スポンサーリンク

シャチハタ おなまえスタンプ

新入学・入園シーズンになると、子供用品店から文房具屋でよく見かけるようになるシャチハタの「お名前スタンプ」です。

このお名前スタンプは一つ古いタイプで、よく店頭で見かけるのはインクが内臓されているタイプだと思います。
しかし、「時間が経つとインク台がカッチカチに固まって上手くスタンプが押せない」「繰り返しの使用に耐えられないのか直ぐに壊れた」などのレビューが散見されたので、旧式を購入しました。

結果からいうと、旧式のおなまえスタンプも時間が経てばインク台がカッチカチになります。

インクむらが出来てしまい、上手くスタンプできなくなるので、インク台がカッチカチになったらサイドインクとインク台のセットを購入する必要があるのがマイナスポイントでした。

油性インクなので、多くの衣類では数回洗濯したくらいでは取れません。

しかし、ユニクロのエアリズムのような特殊な素材の場合は、2回程度の洗濯で名前がかすんでしまうため、後述する「お名前シール」のほうが良かったです。

おなまえスタンプの使い方

まず、お名前スタンプを購入したら付いてくる文字シートから、ハサミで必要な文字を切り取ります。

切り取った文字を、スタンプ台にはめ込んでいくだけ。
文字の大きさを小さくしたい人は、スタンプ台を裏返せば小文字にすることができます。
しかし、小文字はインクが多く付きすぎることが多かったため、私は1回しか使っていません。

附属のインク台に専用の油性インクを数滴垂らして染みこませて、スタンプ台に付けます。

グッと力を入れてスタンプしたほうが、洗濯回数を重ねても落ちにくかったです。
力を入れずにスタンプした名前は、すぐに落ちてしまいました。

こんな感じに簡単に記名することができます。
必要な衣類を並べて、連続えスタンプするとあっと言う間に名前書きが終わりますよ!

1:ユニクロのエアリズム
2:綿100%素材
3:綿とポリエステルの素材
にスタンプして着る度に洗濯した結果、一番落ちやすかったのはエアリズムでした。
綿100%と綿とポリエステルは同じぐらいでしたが、強いて言えば綿100%のほうが落ちやすかったです。

洗濯タグに付けるお名前シール

衣類の内側、あるいは首元にある洗濯表示のタグに貼り付けるお名前シールです。

正直最初は、「絶対1回洗濯したら取れるやろ!」っと思っていました。
しかし、これが粘り強くて全然落ちない!

しかし、直接衣類に貼り付けると一回洗濯しただけで取れてしまいます。
必ず洗濯タグに貼り付けるようにしましょう。

名前の文字も普通の油性マジックで記名しているのですが、何十回洗濯してもかすむことはありませんでした。

私は衣類だけでなく靴にも貼り付けていますよ!

アイロンで貼り付けるタイプのお名前シール

入園準備当初、真っ先に思いついたのがアイロンで貼り付けるタイプのお名前シールでした。
アイロンの熱でのりを溶かして衣類に貼り付けるというものなのですが、全く役に立ちません。

私は西松屋とダイソー、ユザワヤ(手芸店)で購入したのですが、肌着やTシャツなど頻繁に洗う衣類の場合は1~2回の洗濯で取れてしまいました。

手間もかかるし、持ちがわるく、コスパも悪い。
私の中では一番おすすめしないお名前シールです。

まとめ

新入学・入園シーズンに必ず必要となる記名。
油性マジックなどで一つ一つ手書きしていたら、いったし何時終わるのか先が見えません。

そこで私が1年間試してみて、最もおすすめしたいのが「シャチハタ おなまえスタンプ」と洗濯タグに貼り付けるお名前シールです。
記名が簡単で持ちが良く、値段もそこまで高くなく手が出しやすいのが魅力。

逆に最もおすすめしないのが、アイロンで貼り付けるタイプのお名前シールです。
すぐ取れてしまう上に、コスパが悪く、手間もかかります。

新入学・入園のおなまえ書きを面倒だと感じている方、今回ご紹介したグッズを参考にしてみてくださいね!