夏風邪に薬は無い!?夏風邪の原因は夏特有のウイルス!症状と対処法は?

シェアする

こんにちは、エトウ(@matome_etou)です。

先日 夏風邪を引いてしまい、数年ぶりに高熱が出て寝込んでいました。

この夏風邪、本当に長引きますよね!

記事を書いている今も、咳と喉の痛み・鼻水が酷いです。

実は、夏風邪を治す即効性のある薬って無いんですよね・・・・。

今回は、夏風邪にかかってしまう原因と症状。

夏風邪になってしまった時の対処法についてご紹介いたします。

小さなお子さんは、夏風邪から髄膜炎や脳炎になることがあります。

併せてご紹介していますので、年代を問わず全ての人に見ていただきたいです。

夏風邪、ホンマ辛い!

スポンサーリンク

夏風邪の特効薬はない!夏風邪の原因とは

夏風邪は、「アデノウイルス」「エンテロウイルス」「コクサッキーウイルス」などの細菌が原因で引き起こされます。

5~8月の、気温と湿度が高くなり始める季節より流行し始めます。

夏風邪を引き起こす細菌には、冬に流行するウイルスと違って、即効性のある薬が存在しません。

そのため、喉の炎症止めや整腸剤などで様子を診るしかないんです。

さらに、夏の風邪は腸の中で増殖すると言われています。

そのため体外への排出が遅く、症状が長引きやすいので、「夏風邪は治りにくい」と言われます。

春から初夏にかけての寒暖差にご注意!

春から初夏にかけて、朝の気温と日中の気温差が大きいですよね。

日によって、寒い日と暑い日をランダムに繰り返しながら夏を迎えます。

この“寒暖差”は、私達の体に負担をかけてしまいます。

無意識に疲れてしまい、夏風邪を引いてしまうことも多いんです。

私も、5月の終わりに夏風邪を引いてしまいました。

また6月中旬頃の暑くなり始めは、体が暑さになれずにバテて弱りやすくなっています。

環境に慣れる前や、外気温との温度差など、夏風邪を引いてしまうタイミングは,日常の中にたくさん転がっているんです。

夏風邪の症状・・・ 手足口病やヘルパンギーナを引き起こす!?

前述したように、夏風邪は腸の中で増殖します。

そのため、主な症状として腹痛や下痢といった症状が特徴的です。

ウイルスやその時の体調によっては、ただの夏風邪で済む場合もあります。

しかし、免疫力が弱っている場合やウイルスによっては、手足口病やヘルパンギーナなどを引き起こすこともあります。

夏風邪を引き起こすウイルスによって症状が違うので、ウイルス別に症状を把握しておきましょう。

激しい喉の痛みは「アデノウイルス」

アデノウイルスの「アデノ」とは、喉を指します。

ウイルスの名前から分かるように、激しい喉の痛みが特徴的です。

また、下痢症状が続くこともあります。

7~8月に流行のピークを迎える「プール熱」は、このアデノウイルスの仕業です。

インフルエンザ並みに感染率が高いウイルスなので、くしゃみや咳などの飛沫感染や、接触感染でうつることが多いようです。

春~夏に、「なんだか喉が痛いな・・・」と思ったら、アデノウイルスを疑いましょう。

● アデノウイルスの主な症状

  • 激しい喉の痛み
  • 激しい咳
  • 発熱
  • 結膜炎

腹痛と下痢症状は「エンテロウイルス」

エンテロウイルスの「エンテロ」とは、腸を刺します。

その名の通り、腹痛や下痢が特徴的な症状です。

6月頃から子供を中心に流行し始めます。

高熱が出る場合は、エンテロウイルスの仲間の「コクサッキーウイルス」の可能性があります。

エンテロウイルスは、ヘルパンギーナや手足口病を引き起こすこともあります。

小さな子供の場合は、エンテロウイルスによって、髄膜炎や脳炎を引き起こすこともあるので注意が必要です。

● エンテロウイルスの主な症状

  • 腹痛や下痢
  • 発熱
  • 喉の痛み


● ヘルパンギーナ

  • 突然38~40度の高熱
  • 喉やのどちんこに炎症が表れる
  • 口の中に水泡や口内炎が出来る

● 手足口病

  • 高熱は出ない
  • 口の中や手のひら、足の裏などに水泡が出来る

大人の夏風邪に多い「ライノウイルス」

ライノウイルスは、別名「鼻かぜウイルス」とも呼ばれています。

大人が感染する夏風邪に多く、感染すると鼻水が出るようになります。

ライノウイルスは通年活動しており、大人が感染しても軽い鼻炎程度の症状で治まることが多いようです。

夏バテや、冷房の効きすぎなどで、外気温との差に適応出来ないときに感染します。

まれに1歳から小学生になるまでの子供に感染することもあります。

子供が感染すると、大人とは違い気管支炎などの重い症状になることがあります。

夏風邪になった時の対処法は“免疫力”がポイント!

夏風邪は長引くことが多いですよね。

熱は下がっても、咳や鼻水などが長期間続くことが多いんです。

夏風邪を引いた時に長引かせない対処法は、免疫を付けることがポイントです。

免疫力は腸から作られると言われています。

ヨーグルトや納豆などの発酵食品は、免疫力を挙げるのに効果的な食材です。

積極的に取り入れてみましょう!

また、熱帯夜で寝不足が続くと免疫が下がってしまうので、エアコンの温度を28度前後に設定するか、タイマーを使って調節してみると良いですね。

下痢が続いている時は、うどんやおかゆ・豆腐やゼリーなど、刺激が少なくて消化しやすい食べ物を食べるようにしましょう。

夏風邪はくしゃみや咳などの「飛沫感染」や、くしゃみをした手で触った所を、第三者が触ってしまう「接触感染」でうつってしまいます。

咳や鼻水・くしゃみなどの症状がある時はマスクを着用し、手洗いをマメに行うようにしましょう。

まとめ
  • 夏風邪を引き起こすのは「アデノウイルス」「エンテロウイルス」「子さっきーウイルス」等
  • 夏風邪に即効性のある薬は存在しない
  • 喉の痛みや腹痛・下痢などの症状があれば、夏風邪の可能性がある
  • 夏風邪の対処法は、免疫力を付けること
  • くしゃみや咳・鼻水の症状があれば、マスクを着用する

▼ 夏風邪から胃腸炎になりました…

スポンサーリンク

シェアする