ライブドアブログからワードプレスに移転する方法

シェアする

先日、ライブドアブログからワードプレスに引っ越しをしたエトウ(matome_etou)です。

アドセンスの収益が一向に上がらないことと、アクセス数が横ばい状態だったので、思い切って以前から気になっていたワードプレスに移転しました。

全作業を終えて無事引っ越しができたのですが、無料ブログって運営が簡単にできるようになっているというのを痛感しました。

それでは、私が実際にライブドアブログからワードプレスに引っ越しをした手順をご紹介していきます。

<私が移転した時の状況>

  • 独自ドメインでライブドアブログを運営
  • サーバーはエックスサーバーを使用
  • ドメインはムームードメインを使用
  • 私はややこしいことは理解できない人
スポンサーリンク

レンタルサーバーを契約する

今までは、ライブドアブログのサーバーを借りてブログを運営していました。
ワードプレスでブログを運営する場合は、サーバーを自分で用意する必要があります。

ワードプレスにおすすめなレンタルサーバーは数多く紹介されていますが、正直ややこしいことが理解できない人である私は、多くの人気ブロガーが利用していてワードプレスの自動インストール機能がある等の理由から、エックスサーバーにすることにしました。

「X10」を契約

私のブログはそんなにアクセス数が多くはないので、一番スタンダードな「X10」というプランで契約することにしました。

現在は終了していますが、私が契約した時はサーバー初期費用が3,000円かかるところ半額になるキャンペーンを実施していたので、安く契約することができました。

エックスサーバーは10日間の無料期間付き

サーバーを借りて、「いざワードプレスでブログを運営するぞ!」とワードプレスを触ってみたら、あれ?なんかイメージと違った…。
こんな場合、サーバー代を支払った後だと「やっぱ、やーめた」とはできません。

エックスサーバーは、お試し期間しとして10日間無料で利用できる期間が付いてきます。
10日間もあるので、実際にワードプレスをインストールして設定していくには十分な期間ですね。

2018年4月に、エックスサーバーからさくらのサーバーに乗り換えました。
しかし、エックスサーバーでブログを運営していた時りブログが重くなったように感じます。
安定とブログの軽量化を重視するなら、エックスサーバーのほうが良いかもしれませんね。

独自ドメインを用意する

ワードプレスでブログを運営するには、サーバー以外に独自ドメインを用意する必要があります。

私は、ライブドアブログでブログを運営していた時から、ムームードメインで独自ドメインを取得してブログを運営していました。
ブログを変更しても独自ドメインなので、記事のURLが変更にならないメリットがあります。
独自ドメインを持っていない人は、独自ドメインを用意しましょう。
エックスサーバーでサーバーを借りる場合は、エックスサーバーのドメインにすると設定が楽になるようです。

ドメインをサーバーに登録する

さて、エックスサーバーと独自ドメインが用意できたら、ドメインをサーバーに登録します。
私が実際に契約しているエックスサーバーを使って説明していきます。

エックスサーバーで登録する場合

エックスサーバーのサーバーパネルにログイン後、右上にあるドメイン設定をクリックします。

ここで入力するドメインは、http://から始まるURLで入力するのではなく、ドメインだけ入力するようにします。

例えば私の場合は、「matome_etou」だけ入力しました。

サーバーにワードプレスをインストールする

ドメインをサーバーに登録できたら、サーバーにワードプレスをインストールしていきます。

エックスサーバーには自動インストール機能が付いているので、クリックだけでインストールを進めることができるのは助かりました。

エックスサーバーにインストールする場合

サーバーパネルのトップページから、ホームページの中にある「自動インストール」をクリックします。
クリックするとドメインを選択できるので、先ほど登録したドメインを選択します。

選択すると、プログラムのインストールというタブが出てくるので、クリックして「WordPress日本語版」をインストールします。

↑のような画面が表示されるので、以下のように入力していきます。

  1. インストールURL:ドメインを選択して、「/」以降は空欄のままにする
  2. ブログ名:ブログの名前を入力する(後で変更できます)
  3. ユーザー名:デフォルトで入っているままにしておく
  4. パスワード:デフォルトで入っているままにしておく
  5. メールアドレス:自分のメールアドレスを入力する
  6. データベース:「自動でデータベースを生成する」を選択する
  7. 入力が完了したら、「インストール(確認)」を押して内容を確認し、インストール確定で完了する

ワードプレスにアクセスする

インストールが完了すると、自分のワードプレス管理画面のURLと、ユーザーID・パスワードが表示されるので、メモ帳などに記録して保管します。

そして、いよいよワードプレスにアクセスするのですが…
表示された管理画面にログインしようとすると、ライブドアブログの「404エラーページ」が表示されてしまいます。

ライブドアブログを独自ドメインで運営していた場合は、「http://matome_etou.info」のページはライブドアブログのサーバーに行って表示するように設定されてしまっています。

エトウ
「ライブドアのサーバーでサイトを表示するように言うたのに、なんでエックスサーバーで表示すんの!?そんなん急に言われてもできません!」と言っているんですね

そこで、パソコン側でhostsファイルを書き換えてログイン画面にアクセスできるようにします。

hostsファイルを書き換える

パソコン側にあるhostsファイルに、「etou_matome.infoで始まるサイトはここのサーバーに行くんやで」と指定します。

まずは適当にパソコン上のフォルダを開いて、以下のように入力します。

windows7/8/8.1/10の場合
C:\WINDOWS\system32\drivers\etc\hosts

すると「ファイルを開くプログラムを選択」と表示されるので、「メモ帳」を選んで開きます。

ファイルがメモ帳で開かれるので、最後の行にサーバーIPアドレスとドメイン名を入力します。

サーバーIPは、エックスサーバーのサーバーパネルから、「アカウント」→「サーバー情報」で確認することができます。

hostsファイルが上書きできない場合の対処法

hostsファイルは管理者権限の問題で通常は上書きすることができません。
そこで、メモ帳を右クリックで「管理者として実行」で開いて、hostsファイルを上書きします。

これでワードプレスの管理画面にたどり着くことができます。
このhostsファイルは、最後のDNS切り替え後に元に戻す必要があるので、忘れないようにしましょう。

ライブドアブログから記事データをエクスポートする

最初からワードプレスで記事を書いていく人は不要なステップですが、ライブドアブログで書いていた記事をワードプレスに移したい人には必要なステップとなります。

記事のエクスポートのやり方は、ライブドアブログ公式に詳しいやり方が掲載されていました。

エクスポートすると、「backup.txt」といファイルがダウンロードされますので、分かりやすい場所に保存しておきます。

画像を一括で取得&アップロードする

画像の取得は、「GetHTMLW」とい画像取得ツールを使って取得すると、とても簡単にライブドアブログからワードプレスに画像を移動させることができます。

しかし私の場合はなぜかできなかったので、記事数も少なかったことから手動ですべての画像を移動させました。

画像をワードプレスにアップロードする

こちらも私はいろいろ頑張ったけど無理だったステップです。

本来は「FFFTP」といフリーソフトを使って、ワードプレスに画像をアップしていきます。

パーマリンクの形式を指定する

ブログのデータを取り込む前に、パーマリンクの形式を指定しておきます。
パーマリンクは、ドメインの後にくる各記事のURLのことです。
パーマリンクをライブドアブログでのURLと同じにしておくことで、独自ドメインでライブドアブログを運営していて、ワードプレスに移転した場合でも、記事URLが変更にならないというわけです。

ライブドアブログのデフォルトのURLは、「http://ドメイン名/archives/ここに数字/html」となっています。

ワードプレス側でも同じ形式を指定します。

設定→パーマリンク設定 で設定する

ワードプレスの管理画面の「設定」から、「パーマリンク設定」に進むとこのような画面が表示されます。

「カスタム設定」を選択し、「/archives/%postname%.htm」と空欄に記入して保存します。

記事ごとにURLを変えていた場合

私は記事によってURLを変えているものがあります。
この場合、記事のURLはワードプレス側から一括で指定することができないので、ワードプレスの「投稿」→「記事一覧」から手動で一つ一つ設定することになりました。

ワードプレスで「Custom Permalinks」というプラグインをインストールしておくと、URLを手動で修正することができます。

記事データをワードプレスにインポートする

ワードプレスに記事データを取り込んでいきます。
ライブドアブログでエクスポートした「backup.txt」を、ワードプレスに取り込みます。

ワードプレスの管理画面から「ツール」→「インポート」→「MovableTypeとTypePed」へと進み、「インポーターの実行」をクリックします。

ファイル選択ができる画面が表示されるので、「backup.txt」ファイルを選択して記事データを一気に取り込みます。

すべて完了しました。ではお楽しみください!」というメッセージが表示されたら、インポートの完了です。

ブログデザインを編集する

これでワードプレスの移転は完了しました。
しかし、ブログのカスタマイズができていない状態なんで、自分好みにカスタマイズしてみましょう!

今は自分しかワードプレスのブログを見ることができませんが、DNSを切り替えた後には誰でも見られるようになります。

DNSを切り替える

ブログデザインのカスタマイズができたら、DNSサーバーを切り替えて誰でも見られるようにしましょう。

現在はライブドアブログでしかブログが表示されないので、DNS切り替えを行ってワードプレスのブログを表示させます。

私の場合はムームードメインのドメインを使っているので、ムームドメインでDNS切り替えていきます。

ムームドメインでDNS切り替えをする場合

ムームードメインにログイン後、コントロールパネルの「ドメイン操作」→「ネームサーバー設定変更」を開いて、ドメイン横にある「ネームサーバー設定変更」をクリックします。

GMOベボバ以外のネームサーバーを使用する」を選択し、その下にネームサーバーを入力します。

エックスサーバーの場合は「ns1.xserver.jp~ns5.xserver.jp」になるはずですが、一応サーバーパネルのアカウントの中にある「サーバー情報」で確認してください。

入力後、下のネームサーバー設定変更を押せば手続き完了です。
2~3日程度でDNSが切り替わります。

hostsファイルを元に戻す

先ほど追記したhostsファイルを、追記した時と同じように開いて元に戻します。

まとめ

移転までのステップは以下の通りでした。

  1. サーバーを契約する
  2. 独自ドメインを用意する
  3. ドメインをサーバーに登録する
  4. サーバーにワードプレスをインストールする
  5. ワードプレスにアクセスする
  6. 404エラーが表示されたら、hostsファイルを書き換えてアクセスする
  7. ライブドアブログから記事をエクスポートする
  8. 画像を一括で取得&アップロードしてワードプレスにアップする
  9. パーマリンクの形式を指定する
  10. 記事データをワードプレスにインポートする
  11. DNSを切り替える

ライブドアブログからワードプレスへの移転は、解説サイトを見てもなかなか思うように進まないことが多いですが、この記事を含めいろんな記事を参考に移転を完了させてみましょう。