子供乗せ自転車に後方確認用ミラーを付けてみた

シェアする

こんにちは、自転車が主な移動手段のエトウ(@matome_etou)です。

私はビッケモブに乗っているのですが、子供乗せ自転車は後方が確認しにくいんですよね。

子供を自転車に乗せて走っているお母さん、お父さんは、何度もヒヤッとした経験があると思います。

私も交通量が多い道路や、雨の日の保育園の送迎時に何度もヒヤッとしました。

そこで、自転車用後方確認ミラーを右側にだけ付けてみることにしました。

今回は、子供乗せ自転車に後方確認用ミラーを付けてみた感想をまとめたいと思います。

スポンサーリンク

後方確認ミラーの必要性

今まで26インチの一般的な自転車に乗ってきました。

息子が1歳7ヶ月の時に、3人乗り規格の子供乗せ自転車を購入し、まるで羽が生えたかのように、毎日いろんなところへ出かけていました。

しかし、子供の乗せ自転車は後方が確認しにくい!

後ろに子供を乗せていた場合、視界に子供が被るんですよ。

車体だけで30kgあるので、バランスを取るのも難しく感じます。

特に雨の日の保育園への送り迎えは、カッパを着ていることもあって、本当に後方が確認できません。

「このままでは事故する・・・」

そこで、自転車用の後方確認ミラーを右側だけ付けてみました。

後方確認用ミラーを買ってみた

付けるとこんな感じ。

取り付けも簡単で、工具などは一切不要です。

ハンドルに軸を挟み込んで取り付け、ミラーを差し込んでくるくると回転させながら固定します。

ミラーがある程度動くので、運転する人によって見やすい位置に調整出来ます。

反射板が付いているので、夜間に前方から車とすれ違う場合は、相手にミラーの存在を伝えることが出来ます。

ある程度自由に動くということは、少しぶつかったりすると、位置がずれて後方が確認しにくくなるということでもあります。

マメに位置を調整する必要がありますが、私は特にストレスを感じていません。

[amazonjs asin=”B00I4O4WYY” locale=”JP” title=”川住製作所 サイクルミラー 右側専用 KW-55 ブラック”]

劇的に後方確認がしやすくなった!

朝、交通量が多いくせに信号のない道路を渡るとき。

雨の日に、カッパに左右の視界を奪われた状態で運転する時。

特別何かある訳ではないけど、自転車に子供を乗せてより安全運転をしたい時

絶対、後方確認用ミラーは必要!

子供乗せ自転車にミラーを付けてから、より感じるようになりました。

ミラーを付けることにより、前方の確認をメインにすることが出来ます。

後方は、ミラーをチラ見するだけで危険余地することが出来るようになりました。

雨の日は、本当にこのミラーに助けられています。

まとめ

子供の自転車(特に後方)に乗せて走っていると、後方確認がしにくくて危険を感じているお母さん、お父さんが多いと思います。

子供を乗せているからこそ、いつもより安全に走りたいですよね。

交通量が多い道路を走るときや、雨の日に自転車を走らせなければいけない時は、いつもヒヤヒヤしていませんか?

自転車用の後方ミラーを付けることで、劇的に後方確認が快適になります!

ミラーを付けると、「いよいよオバサンか」とも最初は思いましたが、見た目のかっこ悪さより安全を優先しました。

自転車用後方確認ミラーは、自転車に子供を乗せているお母さん、お父さんに、本当におすすめしたい一品です。

これを機に、子供乗せ自転車にミラーを付けてみてはいかがでしょうか。