プチプラで買える♡ 金属アレルギーを起こしにくい4種類の金属

シェアする

こんにちは、金属アレルギー(未パッチテスト)のエトウ(@matome_etou)です。

アクセサリーを身につける機会の多い女性は、金属アレルギーが気になりますよね。

シルバーやゴールド・プラチナは、アレルギーが起こりにくいですが高すぎる・・・。

普段使いするなら、飽きたら買い換えられるプチプラな物でないと困りますよね。

大丈夫!

金属アレルギーを起こしにくいプチプラな金属があるです。

しかも、全国展開しているあのお店で安く買えるんですよ!

今回は、プチプラで買える金属アレルギーが起こりにくい金属をご紹介いたします。

スポンサーリンク

金属アレルギーの原因

金属アレルギーは、汗と金属が反応して溶け出すことで発症します。

金属は溶け出すことでイオン化し、体のたんぱく質と結びつくことで、アレルギーの源になってしまいます。

ピアスなどのアクセサリーが原因で起こる金属アレルギーは、アレルギーを起こす素材の金属に触れるだけで、痒みや湿疹・水泡などのかぶれ症状を起こします。

金属アレルギーを起こしやすい素材は、ニッケル・コバルト・水銀・クロムなどの金属。

特にニッケルは加工しやすく安価な素材なので、安いアクセサリーに多く使われています。

ピアスや指輪などのアクセサリー以外に、腕時計やブラジャーのホックなどに使われているので、長時間肌に触れるとアレルギー反応を起こす頻度が高くなります。

プチプラで買える金属アレルギーを起こしにくい金属

金属アレルギーの予防と対策には、アレルギー反応を起こしにくい素材を選ぶことが重要です。

金属アレルギーを起こさない素材と言えば、シルバーやゴールド、プラチナを思い浮かべる人が多いと思います。

でも普段使いするには高すぎィッ!!

資産価値もあるくらい高価なシルバーやゴールド・プラチナは、普段使いするにはハードルが高すぎますよね。

飽きたら買い換えることすら出来ない。

普段使いするものは、飽きたら買い換えられる物に限るっ!

そこで、普段使いにぴったりのプチプラな金属をまとめてみました。

 ただしアレルギーが絶対起こらないわけではない。

ステンレス

stain(汚れる、錆びる)とless(ない)の複合語である「ステンレス」は、文字通り錆びにくく、イオンになりにくい金属です。

ステンレスは、クロム18%、ニッケル8%、鉄74%で形成されています。

ステンレスは、金属アレルギーを起こしやすい素材を集めて作られている金属ですが、腐食に配慮されて作られているので、比較的金属アレルギーが起こりにくい素材です。

クロム18%、ニッケル12%、モリブデン2.5%、鉄67.5%から形成されている「サージカルステンレス」は、手術に使われるメスなどの医療器具以外に、腐食に強いことから、海水ポンプや配管部材などにも使われています。

ファーストピアスは、ステンレスやサージカルステンレスのものが一般的です。

汚れにくく錆びないステンレスは、汗によって金属が溶けにくいので、金属アレルギーは起こりにくいと言えます。

チタン

軽い、錆びない、強いという、3つの特徴を持つ「チタン」

軽量でかつ丈夫なことから、航空機のボディ素材にも使われています。

ステンレス同様に、錆びにくい特徴があるので、汗によって金属が溶け出すことがありません。

そのため、チタンでアレルギー反応を起こす人は稀と言われています。

チタンは885度までの高温に耐えることが出来ます。

曲げても戻ってくるバネのように、戻る力が鉄の2倍あると言われています。

そのため、デザイン性のある加工がしにくい金属でもあります。

オリジナルデザインの指輪やピアスを作るのには不向きです。

ニッケルフリー

金属アレルギーを引き起こす金属、第1位にランクインしている「ニッケル」

このニッケルをほぼ含まず作られた金属が、「ニッケルフリー」です。

金属アレルギーのパッチテストで、ニッケルにのみ反応した人におすすめです。

ニッケルは極力含まれていませんが、ニッケル以外に複数の金属にアレルギー反応が出る人は、おすすめしません。

メーカーによって、ニッケル以外のどの金属が含まれているのかは様々。

ニッケル以外の何の金属を使っているのかは、メーカーに直接問い合わせないと分らないんです。

ですので、皮膚科で金属アレルギーのパッチテストを受けて、ニッケルにのみアレルギー反応が出た人だけオススメの素材となるわけです。

樹脂(ピアス)

こちらはアクセサリーの中でもピアス限定です。

しかも、金属ではないのですが・・・。

金属アレルギーの人は、一度は「樹脂ピアス」を付けたことがあるのではないでしょうか。

樹脂ピアスとは、ピアスの穴(ピアスホール)に入れる部分が金属ではなく、樹脂で出来ているピアスのことです。

金属ではないので、金属アレルギーの予防や対策として多くの方に愛用されています。

しかし、樹脂は傷が付きやすいデメリットがあります。

この傷から雑菌が入り込んでしまう以外に、汚れを吸着しやすい素材です。

長期間使用すると、ピアスホールが膿むことがあります。

さらに、ファーストピアスに樹脂ピアスは使用してはいけません。

完成していないピアスホールは、粘膜が露出している状態です。

そこに樹脂が溶け出してしまい、ピアスホールに細菌が侵入してしまうんです。

樹脂ピアスはピアスホールが完成してから使うと、金属アレルギーの人も安心して使用出来る素材ですね!

樹脂ピアスを含む、ピアスは、使用後はピアスとピアスホールを消毒すると、化膿防止になります。

ストーンマーケットならアレルギー対策アクセサリーが買える!

全国各地に出展している、天然石とアクセサリーのお店「ストーンマーケット」

ご存知の方も多いですよね。

ストーンマーケットは、天然石や天然石を使ったアクセサリーの販売はもちろん。

サージカルステンレスやチタン、ニッケルフリーなどの、金属アレルギー対応アクセサリーの販売も行っています。

私も先日、近所のストーンマーケットでチタンで出来たピアスを購入しました。

アレルギー反応も出ず、安心して使えています。

値段も1000円程度で購入出来たので、普段使い出来る金属アレルギー対応のアクセサリーをお求めの方は、ストーンマーケットで購入すると良いかも!

まとめ
  • アレルギーを引き起こす主な金属は、ニッケル・コバルト・水銀・クロムなど
  • 特にニッケルは金属アレルギーの原因第一位の金属
  • プチプラな金属アレルギー対応の金属は、チタン・ステンレス・ニッケルフリー・樹脂(ピアス)
  • 樹脂ピアスはファーストピアスには使わない
  • ピアスを外したら、ピアスとピアスホールを消毒する
  • プチプラで金属アレルギー対応アクセサリーを買うなら「ストーンマーケット」がおすすめ

私はまだパッチテストをしていないのですが、金属アレルギーなのは確かです。

数百円程度の安いアクセサリーを付けると、かぶれてしまいます。

金属アレルギーの人は、アクセサリーに使用されている金属が気になりますよね。

今回ご紹介した、「ステンレス」「チタン」「ニッケルフリー」「樹脂(ピアス)」は、金属アレルギーを起こしにくい素材なので、試してみても良いかもしれません。

試すのが怖い人は、皮膚科でパッチテストを行い、自分がどの金属にアレルギー反応を示すのか確認してから身に付けると安心ですね。

今回は、プチプラで買える金属アレルギー対応の金属をご紹介しました!

スポンサーリンク

シェアする