黒髪が明るい髪色にする方法!実際にダブルカラーをして分かったこと

シェアする

就職するまではかなり髪の毛がヤンチャだったエトウ(@matome_etou)です。
最終的に髪の毛がゴムみたいに伸びるようになったので、バッサリショートにしてから5年間黒髪でした。

先日、気分転換に耳の後ろに色を入れる、「インナーカラー」というオシャレなことをやってみたのですが、ほっとんど色が付きませんでした!

エトウ
くっそぅ!悔しい!

理想としては「アッシュグリーン」のような、明るいんだか暗いんだか分からん色にしたいんです。
希望通りにならなかったのが悔しいので、1週間後美容室に行って染めてもらってきました。

今回は、5年間黒髪だった私が実際にダブルカラーをして分かったことをご紹介いたします。

スポンサーリンク

黒髪は染まりにくい


あっくん★の美容ブログ 「黒髪に始めてのヘアカラーは染まりにくい?その理由と対処法」より引用

髪の毛を全く染めていない状態の黒髪には「キューティクル」と呼ばれる髪の毛を守る膜のような成分が残っているため、黒髪から髪の毛を染めてもなかなか望み通りには染まりません。
しかし、どの女性も手放したくない髪の毛のツヤや弾力というのはキューティクルがあってこそ実現するのです。

このキューティクルの質には個人差が大きく、髪の毛が硬い人はキューティクルの結合が強いためカラー剤が浸透しにくく染まりにくい傾向にあります。

髪の毛が染まらない原因

バージンヘアはキューティクルが残っているため染まりにくいのですが、それ以外にもカラー材が浸透しにくくなる原因があります。

  • 排卵日前の低温期(体温が低い時期)
  • カラー当日にワックスやスプレー・洗い流さないトリートメントを付けている
  • 黒染めしたことがある
  • カラーしている部屋の温度が低い
  • シリコンを使用したシャンプーを使っている など

カラー剤は使用する温度が低いと染まりにくい性質があります。
そのため、ホルモンバランスによって体温が変化する女性は染まりにくい時期があるため注意が必要です。
また、冬場などで室温が低い部屋でセルフカラーをすると染まりにくくなります。

最近では髪に優しいシリコンシャンプーなどが人気ですが、シリコンは髪の毛をコーティングしてしまうためカラー剤の浸透を妨げてしまいます。

黒髪が明るい髪色にする方法

ドラッグストアに売っているセルフカラーようのカラー剤は、素人が染めても色が出やすいように強い薬剤を配合しています。
そのため髪の毛や頭皮へのダメージが強く、頭がヒリヒリしたり、髪の毛が痛む原因になります。

私個人としてはセルフカラーはおすすめしないので、今回は美容院で黒髪から染める方法をご紹介いたします。

イルミナカラー

「光色」という意味のイルミナカラは、WELLAが開発した第三のカラー剤です。
イルミナカラーに含まれる「マイクロライトテクノロジー」と「トリルミナバランス」によって、髪へのダメージを最小限に抑えて髪に透明感と輝きを与えてくれます。

マイクロライトテクノロジーは、髪の毛に付着する金属イオンとカラー剤に含まれる薬剤との化学反応を抑えて髪へのダメージを最小限にすることができます。
さらにブルーとバイオレットを配合したトリルミナバランスによって、日本人特有の硬い髪質から、外国人のような柔らかい髪質に見えるように染めることができます。

イルミナカラーはこれらの技術によって、ブリーチしたかのような明るい髪色にすることが可能です。
参考【保存版】ブリーチなしでも透明感!人気のイルミナカラーを徹底解説/ARINE

ブリーチ

「ブリーチ」と聞くと金髪や銀髪という奇抜な髪色のイメージがありますよね。
しかしブリーチ自体にこれらの色はありません。
ブリーチは髪の毛の色素を抜くことで、明るい茶色や金髪にすることができます。

強力な脱色効果があるブリーチですが、髪の毛が痛みやすいデメリットがあります。
また一度ブリーチをするとカラーしてもすぐに色が抜けるため、こまめなメンテナンスが必要になります。
関連記事ブリーチ後の色抜けには髪に優しい「カラーバター」でメンテナンスがオススメ!

ダブルカラー

ブリーチで一度髪の毛の色素を抜き、その上からカラー剤でお好みの色を入れることで綺麗に髪の毛を染めることができます。
色素を抜くことで、最近流行りのグラデーションカラーなどを楽しむこともできますよ。

バージンヘアの黒髪の方や、染まりにくい髪質の方はダブルカラーで染めたほうが染まりやすいかもしれませんね。

黒髪からダブルカラーで染めてきた

冒頭にお話したように、黒髪にカラー剤だけで染めても色が付きませんでした。
悔しかったので、美容院でブリーチ+通常のカラーの2段工程で色を入れてみました。

私は長年染めていなかったことからキューティクルがしっかり残っており、さらには硬い髪質であったことからブリーチをしても赤みが残る金髪という仕上がりになりました。
ブリーチは1時間程度で終了し、続いてトリートメントをしてからカラーをしていきます。

赤みが残っていたためそこまでグリーンが入らないだろうと美容師さんが判断し、グリーンを強めでカラー剤を使用しました。
すると、予想以上のまりもヘアーに・・・・。
こりゃ、ちょいキツいとのことで、上からさらに赤みを加えてアッシュを目指しました。

つまり、1日で3回カラーをしたことになります。

この写真は、カラー前の黒髪です。

こちら、カラーしたその日の夜の写真です。

エトウ
青みがかったアッシュになったけど、わざわざブリーチしてこの仕上がりなの!?

長男のお迎えの時間が迫っていたので、1週間後に「おなおし」ということでこの日はこの髪色で終了となりました。

ブリーチをしてカラーをすると1週間程度で色落ちする

ブーチをすると、髪を保護するキューティクルが開きます。
そこにカラー剤で色を入れるため、しっかりと色づく仕組みです。

しかしキューティクルがカラー剤を入れた後も開きっぱなしなっているため、シャンプーのたびに徐々に色落ちしてきます。

今回のように黒い色だと劇的に色落ちするわけではありませんが、ちょうど1週間程度で茶色が目立つようになりました。
アイブロウをグレーから急遽ブラウンに変えたくらいです。

これが理想通りのアッシュグリーンだと、余計色落ちが目立っていたに違いない…

1週間後「おなおし」してきた

グリーンが残っているので、やや薄めのグリーンとグレーを足してもらいました。
んー、しかし思っていた色とは違う仕上がりに・・・。(ってか同じ服だな)

エトウ
もうええわ、自分でやる!
実際に黒髪からダブルカラーをしてみて分かったのは、理想通りにはいかないということでした。
黒髪から理想の髪色にするには、かなり道のりは険しいので覚悟しましょう…ゴクッ
2週間後の様子はこちらブリーチ後の色抜けには髪に優しい「カラーバター」でメンテナンスがオススメ!

スポンサーリンク

シェアする