水ぶくれだけじゃない「とびひ」の症状と治療法。受診の目安は?

シェアする

先日、長男がとびひになったエトウ(matome_etou)です。

とびひと聞くと、皮膚の一部にできた水ぶくれなどがあっと言う間に全身に広がるイメージがありますよね。
しかし長男の場合、一般的なとびひとは違う症状だったため、とびひだと気付くのに時間がかかってしまいました。

今回は、とびひの2種類の症状と感染経路、治療法についてご紹介いたします。

スポンサーリンク

とびひとは?2種類の症状

とびひは、接触によって感染することで人にうつります。
火事の飛び火のようにあっという間に全身に広がることから「とびひ」と呼ばれていますが、皮膚科では「伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)」と言います。

水ぶくれができる症状

とびひの多くが、水ぶくれができてただれてしまう「水泡性膿痂疹」です。
人間の皮膚の表面や鼻・口・耳など、幅広い部位に生息している細菌が原因で起こります。
主に初夏に流行を迎え、0~6歳の乳幼児が感染しやすいとびひです。

皮膚に水ぶくれができ、次第に膿を持って破れることで、皮膚がめくれてただれてしまいます。
皮膚がただれてめくれることで強い痒みを伴い、患部を掻いた手で他の部位に触れることで、体のあちこちに水ぶくれが広がってしまいます。

分厚いかさぶたができる症状

水ぶくれができるとびひ以外に、分厚いかさぶたができてしまう症状もあります。
「痴皮性膿痂疹」と呼ばれており、溶連菌一種であるA型β溶血性連鎖球菌が原因で起こるとびひの症状です。

子供より大人が感染することが多く、アトピー性皮膚炎に合併することが多い。
水ぶくれができるとびひは初夏に流行しますが、かさぶたができるとびひに季節性はなく、いつでも感染してしまいます。

皮膚の一部に膿を持った水ぶくれができ、厚いかさぶたになります。
水ぶくれができるとびひより炎症が強いため、発熱やのどの痛みなどの風邪に似た症状が伴うことがあります。

エトウ
長男が感染したのが痴皮性膿痂疹でした。
発熱や痒みがなく、1週間以上かさぶたが治らなかったため皮膚科を受診したら、とびひと言われてビックリ!

とびひの治療法は?受診のタイミングは?

水ぶくれができる場合も、分厚いかさぶたができる場合も、とびひの治療には抗菌薬を使って細菌を退治する治療を行います。
痒みが強い場合は抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬を使用し、亜鉛華軟膏で炎症を抑え患部を保護する治療も行います。

長男の場合は幸いにも痒みや発熱などは一切なく、ただかさぶたの治りが悪く膿んでいる状態だったので、抗菌薬の飲み薬と塗り薬を1日2回使用し、4日で保育園に通えるまでになりました。

とびひかな?と思ったら受診する

とびひは症状が酷くなる前に治療を始めることで早く治すことができます。

  • 水ぶくれができている
  • 水ぶくれがやぶけて皮膚がただれている
  • かさぶたの治りが悪い
  • 治りの悪いかさぶたが複数ある など

これらの症状がある場合は、なるべく早く皮膚科を受診するようにしましょう。

注意すること

掻き毟った部位の滲出液(透明な体液)などに触れることで、次々に感染してしまいます。
湯船やプールに入ることで直接他人に感染はしませんが、症状を悪化させたり、患部が触れて他人にうつしてしまう可能性があるので、とびひの可能性がある時はプールや湯船の入浴は避けるようにしましょう。

また、とびひはウイルス感染ではありませんので、一度感染したらもう二度と感染しないわけではありません。
とびひが治っても再び感染する可能性があるので、日ごろからツメを短く切り、皮膚を清潔にして感染を予防しましょう。

早めに皮膚科に受診することが重要

水ぶくれができるとびひが一般的なイメージですが、かさぶたの治りが悪い場合や、風邪のように発熱や喉の痛みなどの症状が現れることがあります。
水ぶくれや治りの悪いかさぶたを見つけた場合は、なるべく早く皮膚科を受診するようにしましょう。

参考
皮膚科疾患情報とびひ/maruho
皮膚科Q&A/公益社団法人日本皮膚科学会

スポンサーリンク

シェアする