シェアする

【夏生まれの男の子】出産準備で本当に必要だったのは10個のみ?!

シェアする


月末生まれの息子を持つエトウ(@matome_etou)です。

1人目の子供だと、出産準備品は何が必要なのか分かりませんよね。

雑誌やパンフレットに書いてある物を、そのまま買い揃えていけません!

実は必要ない物が記載されていることが多いんです。

今回は実際に私が買いそろえた出産準備品で、本当に必要だった物だけご紹介いたします!

スポンサーリンク

出産準備で本当に必要だった物


出産準備って、今までのショッピングの中で一番楽しいですよね。

新しい家族の誕生にワクワクしすぎて、ついつい余計な物を買ってしまいまいがち・・・。

後々使わなかったら、すご~く落ち込むんですよね。(変わりに○○が買えたじゃない!とかね)

2015年6月末に長男を出産した私が、本当に必要だった出産準備品をご紹介いたします!

ベビー敷布団


西松屋 楽天市場店 / 商品詳細 より引用


私は西松屋で購入しました。

掛け布団や敷き布団などのベビー布団セットが販売されていますが、私は2,990円の敷き布団のみを購入しました。

新生児期を含め現在2歳間近ですが、夏はバスタオル1枚で十分です。

新生児期は大人+1枚が基本なので、分厚い布団まで掛けてしまうと、汗疹やおむつ被れの原因になっていたと思います。

冬はスリーパー+大人用のひざ掛け毛布をかけていましたが、しっとりと汗ばんでいました。

住んでいるのが京都の南側なので、日本海側や東北・北海道では、スリーパー+毛布では心配ですね・・・。

2枚に折りたためるタイプは、布団を干すときにとっても便利ですよ!

竿に引っ掛けるだけで良いので、干し物が多い時は本当に助かりました

体温計

毎日決まった時間に体温を測ることで、お話出来ない赤ちゃんの健康を管理することが出来ます。

生後3ヶ月以降、自分で動けるようになると体温を測るのが大変になってきます。

私が買った、オムロンの「けんおんくん20秒」は、平均20秒で体温を測ることが出来ます。

2歳間近になり、寝ている時とご飯を食べている時以外は常に動くようになった息子でも、測ることが出来ているので、短時間で測れる体温計にして良かったと本当に思います。

耳や肌に触れないタイプの体温計は、正確に測りにくいという記事を見かけたことがあったので、一般的な体温計にしました。

ベビー爪きり

爪きりは必須アイテムです!

新生児を含め、低月例の赤ちゃんはすぐに爪が伸びます。

新生児期は、1週間に2回程度 爪を切っていた記憶があります。

私は気にならない人なので、100円ショップの眉毛切り用ハサミを買ってきて、2歳になる今でも使っています。

気になる人は、赤ちゃん専用の爪きりハサミを購入すると良いですね。

赤ちゃん用の電動爪やすりが販売されているので、爪きりが怖いなぁ~っと思うなら、爪やすりでも良いと思います。

1歳を過ぎた頃から、爪きりの時に暴れるようになったので、最初から電動爪やすりを買えば良かったかなぁ~っと、思うときがあります(汗)

オムツ+おしり拭き

帰ってきた瞬間いります。

新生児は頻繁にうんち&おしっこをします。

息子は帰りの車の中でうんちをしたので、帰ってきたら即効でオムツ替えでした。

1日に何度も替えるので、新生児サイズを3パックは用意しておいた方が良いと思います。

お尻拭きも、同様にたくさん必要です。

2個あれば1ヶ月検診までは乗り切れると思います。


私が新生児期から2歳目前の現在まで愛用しているのが、安心と信頼のパンパースです。

私はムーニー・マミーポコ・メリーズ・GENKI!・GOON!と一通り試しましたが、やっぱりパンパースが一番ムレにくいです。

おむつのムレは、おむつかぶれの原因になります。

新生児のうんちはユルユルなので、無難にパンパースにしておいたほうが良いかもしれませんね。(P&Gの回しもんじゃないよ!)

パンパースにも種類があって、新商品の「はじめての肌へのいちばん」や、「紫のパンパース」があるので、産院でどのパンパースを使っているのか聞いてみると安心ですね。


GOONのおしり拭きは、水分量が多いので気に入っています。

水分量が多いおしり拭きじゃないと、摩擦でおしりが赤くなってしまうんですよね。

厚手のシートなので、洗ったように綺麗に拭けます。

しかも安い!これは助かります。

ケース買いしてもすぐに使い切れます。

おしり拭きの中に、ケース入りで売られている物がありますが、あれホンマいらん!

おしり拭きが少なくなってくると、出しづらくて仕方がないんです。

100円ショップに、ウェットティッシュのフタが売っているので、それを貼り付けておいたほうが使いやすいですよ!

持ち運びにも便利です。

ガーゼハンカチ20枚

「20枚もいるわけないやろ!」と思って、10枚くらいしか買ってなかったのですが、大失敗でした・・・。

新生児って、すごくミルクや母乳を吐き戻すんですよ。

3ヶ月頃になると、吐き戻しに加えてよだれも激しくなります。

ここは20枚くらい買っておいたほうが無難です。

新生児肌着・服

Combi mini より引用


新生児サイズの50~60cmの服って、生後3ヶ月頃までしか着れないんですよね。

もったいなくて、5着ずつしか用意していなかったのが大失敗でした。

前述したように凄く吐き戻しますし、うんちやおしっこをよく漏らします。

肌着は10枚。

上のロンパースなどは、5着~10着用意しておくと安心です。

安く済ませたい人は、フリマアプリなどで購入するのがおすすめです。

新生児服は、新品タグ付きで売られていることが結構多いんですよ!

ボディーソープ・シャンプー

赤ちゃん用のボディーソープとシャンプーを別々に用意します。

新生児は新陳代謝が活発です。

皮脂がすごいので、乳児湿疹が起こってしまうんですね。

息子は頭皮にも、うろこのような乳児湿疹が出来てしまいました・・・。

小児科の先生が仰っていたのですが、ボディーソープとシャンプーを別々に分けた方が良いそうです。

分けてから、息子は頭皮の乳児湿疹が改善しました。


敏感肌の人なら、絶大な信頼を寄せているのが「牛乳石鹸」ですよね。

牛乳石鹸から発売されている、泡のベビーソープは息子が2歳になる今でも、新生児期から愛用しています。

保湿力に優れているので、敏感な赤ちゃんのお肌にも安心して使えます。

泡タイプなので、片手で出せてすぐ使えるのが嬉しいですね。

無香料・無着色で、余分な物を使っていません。

厚手のバスタオル

赤ちゃんをお風呂に入れた後は、バスタオルで包むだけで水分がふき取れます。
(バスタオルに包まれてる赤ちゃん、めっちゃカワイイ///)

夏場は、掛け布団はバスタオルで十分です。

なるべく厚手で肌触りの良いバスタオルがお勧めです。

我が家はもともと家に4枚バスタオルがあったのですが、5枚買い足しました。


抱っこ紐

当時はエレベーター無しの5階に住んでいたので、出産準備の時点でベビーカーは購入しませんでした。

生後7ヶ月の時にB型ベビーカーを購入し、それまでは抱っこ紐でなんとかやり過ごしました。

私は最初アップリカの抱っこ紐を使っていましたが、肩こりが酷くなってしまい、生後2ヶ月で使えなくなりました。

しばらく安いスリングでやりすごし、首が安定してきた生後3ヶ月の時にエルゴを購入しました。

羽が生えたように、息子が軽く感じたのを覚えています。

新生児の場合は、別売りのインサートが必要です

分厚いベルトで肩と腰をしっかり固定するので、体にかかる負担が少なく感じました。

そのかわり収納出来ず出先で重ばるので、抱っこ紐ホルダーを作るか購入しておくと凄く便利です。

私は友人に縫ってもらいました。

バウンサー or ハイローチェア


Babyrenta より引用


私が購入したのは、西松屋のバウンサーです。

残念ながら現在は取り扱いが無いようです。

シートがムレやすいので、夏場は不向きでした。

しかし、やや撥水効果のあるシートだったので、離乳食をこぼしたり、うんちをもらした時は洗うのが楽でした。


赤ちゃんは抱っこで寝かしつけて、布団におろすと泣きます。

いわゆる「背中スイッチ」というやつですね。

抱っこしていないと泣き続ける子もいます。

ずっと赤ちゃんを抱っこし続けているのは、しんどいですよね。

そんな時は、バウンサーかハイローチェアが便利!

寝かせてユラユラ手や足で揺らしておけば、泣き止んだり寝てくれる赤ちゃんが多いんです!

しかも、離乳食が始まってからは椅子として使えるので重宝します。

ダイニングテーブルのご家庭だったら、ハイローチェアのほうが良いと思います。

出産準備で買い揃える物は・・・
  • 爪きり・体温計・オムツ&おしり拭き・ガーゼハンカチ
  • 新生児服・バウンサー・抱っこ紐
  • ベビー布団・ボディーソープ&シャンプー・バスタオル

は最低でも買い揃えておきましょう!

新しい家族の誕生は、本当にワクワクドキドキしますよね。

楽しみで仕方がありませんが、余計な物を買わないように注意が必要です。

6月末に産まれた、現在2歳間近の息子の場合は、今回紹介した出産準備品で十分事足りました。

夏産まれの赤ちゃんを迎えるお母さん・お父さんは、是非参考にしてみてくださいね!

大阪府枚方市出身、一児の母。 自分らしく働けるように、フリーランスライターとして独立。 健康や子育て、暮らしに役立つアイデア記事を執筆中。 2017年10月にライブドアブログからワードプレスに移転しました。 詳しいプロフィールはコチラ