シェアする

産後は痩せない!? 3つの筋トレと おからダイエットで体型を戻そう

シェアする

こんにちは、ダイエット中のエトウ(@matome_etou)です。

いやぁ~、出産したらやっぱり痩せにくいですね・・・(焦)

産後ダイエットは、産褥期が終了してから産後6ヶ月の間が、最も痩せやすいと言われています。

しかし私のように、育児と家事に追われて、気づいたら産後6ヶ月なんてとっくの昔に過ぎ去っていた人も多いですよね。

産後6ヶ月以降の人は、妊娠中の脂肪が硬くなっているんです。

ですので、健康な人と同じダイエット法をして痩せるしかありません。

今回は、骨盤周りに効く筋トレ法 と 満腹感が得られる「おから」を使ったダイエット食のレシピをご紹介いたします!

スポンサーリンク

産後6ヶ月以降に痩せない理由

妊娠中に付いた脂肪は、落ちやすい特殊な脂肪です。

産後、今まで赤ちゃんが居たお腹をつまんでみて、触ったことのない新感覚に感動した人も居るでしょう。(私だけじゃないよね・・・)

産後1ヶ月~6ヶ月の間は、特殊な脂肪が最も落ちやすく、産後ダイエットをするには最適な期間である。

・・・っというのは、私が説明しなくても、お母さん達の間では常識ですよね。

産後6ヶ月を過ぎると、妊娠前と同じようにダイエットやトレーニングをしても、痩せないことに焦っているお母さんが多いはず。

どうして、産後6ヶ月をすぎると痩せにくいのでしょうか。

骨盤が開いている

産後、頑張って骨盤矯正をした人が多いと思います。

しかし、産後に骨盤を強制したからと言って、もう大丈夫とは限らないんです。

月齢が低いと、抱っこの回数が多いですよね。

抱っこのしすぎや、合わない抱っこ紐の使用で、再び骨盤がずれることがあるんです。

骨盤がずれて正常な位置にない場合、そこに隙が出来てしまい、脂肪が流れ込んできて空洞を埋めてしまうんです。

骨盤がずれることで、体が歪んでしまいます。

それにより、骨盤より下が歪むことで、空洞が出来るんです。

そこに脂肪が流れ込んできて、骨盤だけでなく、下腹や太ももなどの下半身太りに繋がってしまうんです。

筋肉の低下

臨月に入ると、お腹が重くて何をするにも億劫でしたよね。

近距離の買い物でも息を切らし、動機が止まらなかった人も多かったはずです。

そうなると、なるべく動かなくて済むようにするので、筋肉が徐々に衰えていきます。

産後直後から、赤ちゃんの昼夜逆転による寝不足と家事に追われます。

赤ちゃんのお世話と家事をしていない時間は、布団でゴロゴロしておきたいですよね。

お察しの通り、これらの行動が筋肉をどんどん衰えさせてしまっていたんです。

筋肉が衰えると新陳代謝が下がり、脂肪が燃焼されにくくなります。

食べすぎ

赤ちゃんのお世話って、体力も気力も消耗してしまいますよね。

些細なことでイライラしてしまい、夫に八つ当たりしてしまった人も多いのではないでしょうか。

イライラが爆発して、ドカ食いしてしまう人も居ますよね。

更に、低月齢の赤ちゃんと2人で家に居ると、そんなに動くことがありません。

母乳育児の人は、授乳のたびにお腹が減るので、ちょこちょこ食べてしまっていた人も多いですよね。

動かないのに、欲望のまま食べざるおえない。

そうすると食べた量を消費出来ずに、脂肪になってしまうんです。

産後6ヶ月以降におすすめの筋トレ

産後6ヶ月以降は、妊娠中についた特殊な脂肪が、普通の硬い脂肪になっています。

ですので、ダイエット法は健康な人がするダイエットと同じ内容でOK!

しかし、子供を見ていないといけない状態で、外に走りにはいけないですよね。

そこで今回は、家の中で出来るお手軽ダイエット法をご紹介いたします!

お尻歩きで骨盤を引き締める

コウヅ式体質改善ダイエット「おしり歩き体操」のやり方

  1. 足を床にまっすぐ伸ばして座る。
  2. 手を胸の位置に交差する。
  3. お尻を動かして前に10歩進む。
  4. 同じ歩数、後ろに下がる。
  5. 手を上にまっすぐ伸ばして、10歩進む
  6. 手を上に伸ばしたまま、10歩下がる

1~6の動作で1セットです。

結構、お尻と骨盤周りが辛くなってくるので、自分に合った回数だけするようにしましょう。

数日続けるだけで、骨盤周りと膝上が、だいぶスッキリしますよ!

体幹を鍛えてウエストを引き締めよう

1日たった10秒!驚くほどお腹がへこむ「体幹トレーニング」

  1. うつぶせになり、握りこぶしを床に縦につきます
  2. 握りこぶしから、肘までを床につけ、体を支えます
  3. 足のつま先を立て、体を浮かせる(10秒キープ)

頭から足先まで一直線になるようにキープします。

お知りだけが浮かないように気をつけましょう。

簡単そうに見えて、結構しんどいです。

こちらも、回数は決まっていません。

出来る時に、出来るだけやるようにしましょう。

静かに出来るので、子供が寝ている間や寝る前にもおすすめです。

体幹を鍛えてウエストを引き締めよう②

1日30回でカラダが変わる!脇腹の肉をとる筋トレ

  1. 肩の真下に肘をおいて、頭から見て真っ直ぐな場所に両足を揃えます。
  2. 上の足を後ろ、下の足を前におき、足をクロスします。
  3. 頭の後ろに手をおき、息を吐いて、上の肩と下側の腰を近づけます。

肘でマットを押し、カラダを安定したまま行います。

脇腹の肉を取ることが出来ます。

1週間程度続けていくと、お腹に薄っすらですが線が出来てきます。

続けていくと、綺麗なくびれになるんでしょうね!

おからを使ったダイエット食レシピ

子育て中は、筋トレを集中して長時間行うことが出来ませんよね。

短時間を、数回に分けてでしか続けられないと思います。

なかなか効果が出なくて、もどかしい!

そういう人は、満腹感が得られる「おから」を使ってダイエット食を作ってみると、より効果的にダイエットが出来ますよ♪

おからご飯

材料

  • 生のおから: 100g
  • お米: 2合
  • 水: 白米2合を炊く量+100ml

  1. 米を洗い、炊飯器に2合分の水と共に入れる。
  2. 2合分の水に100mlを加え、生のおからを入れる
  3. 30分給水させ、炊飯ボタンを押す

水の量を減らすと、やや固めのお米になるので食べ応えがあります。

お好みで玄米やもち麦を加えると、更に食感が良くなりますよ。

おからの存在感をあまり感じさせず、少しおかゆっぽいお米に炊き上がります。

食べた後は、水分を取ってくださいね。

おからパン

材料

  • 強力粉: 200g
  • 水: 180cc
  • 生おから: 60g
  • オリーブオイル: 大さじ1
  • 砂糖: 小さじ2
  • 塩: 小さじ2/3
  • スライスチーズ: 3枚
  • 生くるみ: 35g
  • ドライイースト: 小さじ1と1/3

詳しいレシピは以下にて掲載されています

余っても、小分けしてジップロックにいれて冷凍出来ます。

くるみを入れなければ、小さな子供でも食べられますね。

おからクッキー

材料

  • おからパウダー: 20g
  • 片栗粉: 20g
  • 小麦粉: 50g
  • マーガリン: 40g
  • 砂糖: 30g
  • ごま油: 大さじ1
  • ごま: お好みで

詳しいレシピは以下にて掲載されています

離乳食後期になると、ごまを食べられるようになるので、アレルギーが出なかったら子供と一緒におやつが楽しめますよ!

まとめ
  • 産後6ヶ月以降に痩せないのは、骨盤の歪みや筋肉の低下・食べすぎが原因
  • 産後6ヶ月以降は、脂肪が硬くなっているので、健康な人のダイエット法と同じでOK
  • 筋トレとおからを使ったダイエット食で痩せよう

大阪府枚方市出身、一児の母。
自分らしく働けるように、フリーランスライターとして独立。
健康や子育て、暮らしに役立つアイデア記事を執筆中。
2017年10月にライブドアブログからワードプレスに移転しました。
詳しいプロフィールはコチラ

スポンサーリンク

シェアする