シェアする

これでもう痛くない!ピアスをつけっぱなしにするならこのキャッチで決まり!

シェアする

こんにちは!
ピアスをマメに外したくない人、エトウ(@matome_etou)です。

ピアス愛好家の方に怒られてしまいそうですが・・・
ピアスをいちいち付けて外すのって、すっごい面倒!!
出来れば、寝る時もピアスをつけっぱなしにしておきたいですよね。


こちらの記事で以前ご紹介したのですが、サージカルステンレス素材のピアスならつけっぱなしに出来るんです。

でもつけっぱなしにすると、寝る時にキャッチが当たって痛いんですよ!
地味にストレスなので、どんなキャッチにすれば良いのか手持ちの物で考えてみました。

スポンサーリンク

寝る時に痛くないピアスのキャッチを探す

寝る時に当たって痛いピアスのキャッチ。
寝る時に限らず頬杖を付いた時や、くしで髪の毛をといだ時など。

ホンマに地味にストレス!

ピアスには、色んなキャッチがあるというのは知っていたのですが、「なんか付け辛そう・・・」との偏見から、スタンダードなキャッチしか使ってきませんでした。

しかし、こうも痛いと辛い。・・・マジで。

どこが痛いのかと言うと・・・、

軟骨(へリックス)と


耳たぶ(イヤーロブ)

(画像はボディーピアスの名称と位置より引用)

っというわけで、色んなピアスのキャッチ付けて実際に寝てみました!

キャッチピアス

ファーストピアスなど、最もポピュラーで使ってる人も多いピアスのキャッチです。

サッと付けられて比較的落ちにくいので、私もよく使っています。

でもこのキャッチって、横が耳たぶや下あご周辺に当たると痛いんですよ!

キャッチが外れにくいには寝ている時に重要なのですが、当たって痛いので使えませんでした。

シリコン製のキャッチ

お肌に優しいシリコン製ですが、ひっかかる所がないので寝ている間にピアスが行方不明になりました。

幸いピアスは見つかりましたが、これは寝ている時に向かないな・・・。

シリコン製のキャッチは、汚れを吸着してしまう性質があります。

私は入浴後に洗い流さないトリートメントを付けるのですが、トリートメントの油分をシリコン製のキャッチが吸ってしまったようで、凄くキャッチが滑りました。

ボディーピアスのボール状キャッチ

ボディーピアスに多く使われている、ボール状のキャッチです。
こちらは軟骨部分に付けて寝てみました。

取り付けが少々手間がかかるので、慣れない内はイライラしました(汗)
でもボール状のキャッチは、寝ていて痛くありません。

軟骨だけでなく、ピアスはポストの太さが合っていないと痛みを感じます。

私も、耳たぶ用のピアスを軟骨に付けていましたが、太さが合っていなかったので直ぐに痛くなりました。
寝ている時だけでなく、日中もピアスホールが痛む場合はポストが合っていない可能性がありますよ!

スタッドピアスの平たいキャッチ

取り付けがすっごく難しいキャッチです。(私は)

ピアスホールの後ろから差し込んで、飾りの部分をネジのようにくるくる回して取り付けます。

キャッチが平たいので、寝ている時は痛くありませんでしたよ!
でも、付けるのが難しかったので一度外してから一度も付けていません。

スタッドピアスの場合は、ピアス自体が大きい物の方が取り付けやすいと思います。

「落ちないくん2」

以前、こちらの記事でも紹介した「落ちないくん2」と言うピアスのキャッチです。


耳たぶのピアスは、落ちないくんが一番痛くなかったです!
しかも、寝ている時に落ちない。
お気に入りのピアスも、安心して付けられますよ!

まとめ

サージカルステンレス素材のピアスなら、寝ている時もピアスをつけっぱなしにすることが出来ます。でも、寝ている時にキャッチが当たって痛い・・・。

耳たぶと軟骨(へリックス)が当たっていたいので、痛くないキャッチを探してみました。

  • 一般的なキャッチ・・・痛い
  • シリコン製のキャッチ・・・痛くないけどピアスが滑る
  • ボール状のキャッチ・・・軟骨に最適!痛くない
  • 平たいキャッチ・・・痛くないけど付けるのが難しい
  • 「落ちないくん2」・・・耳たぶに最適!痛くない

結果、痛くないのは耳たぶは「落ちないくん2」
軟骨はボール状のキャッチでした!

日中もピアスホールが痛い?
寝ている時以外に、ピアスホールが痛む場合はピアスのポストの太さが合っていないのかもしれません。

実際のピアスホールの大きさに対して、小さいポストや大きいポストは傷みを感じる原因になります。
自分のピアスホールの大きさに合ったポストを使うようにしましょう!

大阪府枚方市出身、一児の母。 自分らしく働けるように、フリーランスライターとして独立。 健康や子育て、暮らしに役立つアイデア記事を執筆中。 2017年10月にライブドアブログからワードプレスに移転しました。 詳しいプロフィールはコチラ
スポンサーリンク

シェアする