シェアする

辛い肩こりの原因はコレ!今すぐ肩こりを解消する簡単ストレッチ5選

シェアする

こんにちは、エトウ(@matome_etou)です!

ライターは、長時間パソコンと睨めっこなので、肩こりと目の疲れが辛いです~・・・。

長時間のデスクワークをしている人や、スマホや読書をする人なら分かってくれると思います。

この肩こりを何とか解消したくて、肩こり解消ストレッチについてググりまくりました。

私自身のおぼえがきとしても使えるように、簡単に肩こりが解消するストレッチを5つご紹介します!

スポンサーリンク

肩こりを解消する簡単ストレッチ

肩こりを解消するストレッチを行う前に、まずは筋肉の柔軟性をチェックしてみましょう!、首や肩、

肩甲骨は腕やお腹の筋肉と交差しています。

この肩甲骨周りの筋肉が凝り固まると、肩こりを引き起こします。

まずは、左右の腕の後ろに回して上下に組んでみてください。

手がどこまで重なるか試してみましょう。

もし手が重ならなければ、肩甲骨周りの筋肉が硬くなっている証拠!

是非、今から紹介するストレッチを試してみてくださいね!

ストレッチ前に準備運動をしよう!

肩こり解消ストレッチを効果的にするために、軽く筋肉ほぐしておきます。

ストレッチ前の準備体操を行うのと、行わないのとでは効果が違いますよ!

ストレッチ前は、準備運動をしてみてくださいね。

  1. 左右の肘を曲げて、手のひらを両肩の上に置きます。
  2. その状態で、肩をゆっくりと回します。
  3. 前後5回ずつ行ってください。

「肩甲骨はがし」で肩甲骨回りの筋肉をほぐす

肩甲骨は首や肩だけでなく、腕やおなかなど、上半身を動かす筋肉と重なり合っています。

「肩甲骨はがし」を行うと、肩こりや首こり解消だけでなく、腕やお腹の引き締め効果もあります。

やり方はとっても簡単。

手を肩に当てて、上下・前後・後ろ回りと動かすだけ!

動かすときに、耳と鎖骨と肘の三角形を意識してください。

呼吸法を取り入れると、有酸素運動の効果もあります。

筋肉をほぐすためのストレッチですので、痛くない範囲で無理なく行いましょう!

「鎖骨まわりほぐし」で30秒間 鎖骨をマッサージ

肩こりの人にありがちな、鎖骨下と胸上の筋肉こりをほぐすストレッチです。

とっても簡単なやり方は、手の甲を腰に当てます。

次に、腰に当てたヒジを手前に向かってゆっくり回します。

そうすると、鎖骨に触れることが出来ます。

出てきた鎖骨を、ゆっくりやさしくマッサージします。

もし鎖骨が出ていない場合は、なでるだけで大丈夫ですよ!

「肩こりストレッチ」で肩甲骨を開いて閉じる

こり固まった肩甲骨を、開いて閉じることで筋肉を解ほぐすストレッチです。

運転中の信号待ちなどの隙間時間にすることが出来ますよ!

  1. 前で腕を組んで、そのまま前にゆっくり引っ張ります。
  2. 肩甲骨が広がるのを感じると思いますので、そのまま10~20秒キープしましょう。
  3. ゆっくりと体を元に戻します。
  4. 続いて肩甲骨を閉じます。
  5. 今度は腕を後ろに組んで、姿勢を正します。
  6. 腕をゆっくり上に10~20秒かけて持ち上げます。

この時、痛みを感じるところまで持ち上げないようにしてくださいね!

寝転がってたった10秒で肩こり解消ストレッチ

長時間のデスクワークに疲れたら、寝転がるだけで肩こりが解消できるストレッチはいかがですか?

やり方は本当に寝転ぶだけ!

まず、フェイスタオルを4つに畳んで、床に置きます。

そして、タオルの上に、左右どちらかの肩を乗せるように寝転がります。

寝転がったら、タオルを乗せた肩に、反対側の手を添えます。

そのまま10~20秒キープするだけ。

ドクドクと血が巡るのがわかりますよ!

目からくる肩こりは目をつむって指圧をする

長時間のパソコンやスマホ、読書は本当に目が疲れますよね。

目の疲れからくる肩こりも、結構辛いんですよね。

そんな時は、目をつむってマッサージするだけで、目の疲れも肩こりも解消できますよ!

  1. 目を軽くつむります。
  2. そして、目頭を親指でやさしく押します。
  3. 目頭から目じりまで、目の上の骨をそって軽く指圧します。
  4. 目と目の間の骨をつかむように、やさしく押します。

目は皮膚が薄いので、優しくするように心がけてください。

目をつむって指圧するだけなので、オフィスでも出来ますよ!

肩こりの原因と症状

長時間デスクワークをしたり、読書やスマホをして同じ姿勢でいると、すごく肩がこりますよね。

長時間同じ姿勢で居る時は、ほとんどの人が首を前に突き出して、両肩がすぼんだ姿勢になっているんです。

この姿勢だと、首から肩の筋肉が緊張してしまい、血流が悪くなります。

また、目も同時に疲れますよね。

目やその周りの筋肉が緊張し、首や肩も連鎖的に緊張してしまうんです。

運動不足や筋力低下も、肩こりにつながります。

筋肉を動かすことで、血液を全身に循環させ、筋肉を収縮と弛緩させることが出来ます。

しかし、運動不足や筋肉があまり無い状態だと、これらの作用が上手く行われなくなります。

そのため、疲れやすく肩がこる体になってしまうんですね。

まとめ
肩甲骨周りの筋肉が固まってしまうと、肩こりになる。
肩こりは、数十秒で解消出来る。
同じ姿勢で居続けたり、目が疲れると肩こりになる。
運動不足や、筋力が低下しても、肩こりを引き起こすので注意が必要。
大阪府枚方市出身、一児の母。 自分らしく働けるように、フリーランスライターとして独立。 健康や子育て、暮らしに役立つアイデア記事を執筆中。 2017年10月にライブドアブログからワードプレスに移転しました。 詳しいプロフィールはコチラ
スポンサーリンク

シェアする