シェアする

生理不順や無月経・無排卵。女性の体と心を整えるはハーブティーとは

シェアする

生理前に、どうしようもなくイライラしてしまうエトウ(@matome_etou)です。

仕事や育児のストレス。
住環境の変化。
季節の変わり目・・・。

様々な要因で、女性のホルモンバランスは簡単に乱れてしまいます。
ホルモンバランスが乱れると、月経前症候群や生理周期の乱れがなどの症状が現れて辛いですよね。

そんな時は、ハーブティーが良いんですよ!

今回は、女性ホルモンを整えてくれるハーブティーを5つ後紹介いたします。

スポンサーリンク

女性ホルモンが崩れるとどうなるの?

女性ホルモンは、「エストロゲン」「プロゲステロン」の2種類のホルモンが、バランスよく分泌されることで成り立っています。

これらのホルモンを分泌するのは卵巣ですが、卵巣にホルモンを分泌するように命令するのは脳なんです。

つまりは、脳と卵巣の両方が正常に働いていないと、女性ホルモンが正常に分泌されないということなんですね。

女性ホルモンの働き
  • エストロゲン(卵胞ホルモン):女性らしい体つきを作り、髪や肌の潤いを保つ。脳細胞を活性化させ、感情をコントロールする。等
  • プロゲステロン(黄体ホルモン):受精卵が着床しやすいように、子宮内膜を整える。基礎体温を上げる。食欲を促す。等

女性は様々なストレスから、エストロゲンとプロゲステロンの分泌をコントロールしている脳や、卵巣に負担がかかったり機能が低下するなどして、女性ホルモンのバランスが崩れてしまいます。

女性ホルモンのバランスが崩れると、以下のような女性なら誰しも経験したことのある症状に襲われてしまいます。

  • 理由もなくイライラする
  • 不安や憂鬱な気持ちなど、情緒が安定しない
  • むくみやすくなる
  • 生理前症候群(PMS)
  • 酷い生理痛
  • 無月経
  • 無排卵 等

ハーブは西洋の漢方薬

何だか理由もないのにイライラする・・・、そんな時におすすめしたのが、ハーブティーです。

美容と健康に良いハーブティーですが、ハーブティーの効能を選んで飲むことで、女性ホルモンを整える効果もあるんですよ!

ハーブティーのハーブは、自然が生み出した西洋の漢方薬です。
そのほとんどがノンカフェインなので、体への負担が少なく、古代より薬草として治療に使われてきました。

では、ハーブティーを飲み続けることで、どのような効果があるのでしょうか。

ハーブティーは飲み続けることに意味がある!

ハーブは自然が生み出した漢方薬ですので、私達の体に嬉しい効果が沢山あるんですよ!
ハーブティーを飲み続けることで、まずはハーブの香りの効果を得ることができます。

ハーブの香りの効果は、アロマテラピー効果と呼ばれていて、鼻からハーブの香りが吸収され、臭いの科学分子が鼻を通って脳に到達することで、穏やかなアロマテラピー効果を得ることができるんです。

そしてハーブティーを飲み続けることで、薬理効果を得ることができます。
ハーブティーに溶け出す水溶性成分には、タンニン、フラボノイド、ビタミン、ミネラルなどの栄養が体に吸収されます。
そうすることで、ハーブティーごとの肉体的・精神的な効能を得ることができるんです。

ハーブティーの主成分
  • タンニン:脂肪の分解。血中のコレステロール血を下げる。殺菌作用。抗ウイルス作用。等
  • フラボノイド:抗酸化作用。免疫機能の向上。コレステロールの減少。血液の循環を良くする。等
  • ミネラル:脂肪の燃焼。コラーゲンを強くする。細胞の修復。ビタミンの吸収をサポート。等
  • ビタミン:ビタミンの種類によって異なる。

ハーブティーは、飲み続けることでその効能を感じることができるようになるので、まずは3ヶ月飲み続けるようにしましょう!

女性ホルモンを整えるハーブティー

女性ホルモンは、ちょっとしたストレスで乱れやすいので、日ごろから情緒不安定や月経の悩みを抱えている女性が多いと思います。

そこで、女性ホルモンを整えるハーブティーを日常的に飲むことをおすすめします。

それでは、女性ホルモンを整えるハーブティーを5つご紹介いたします!

カモミール

カモミールは、ギリシャ語で「大地のリンゴ」と呼ばれています。
その呼び名通りの優しい甘い香りで、ハーブティー初心者でも飲みやすいのでおすすめです。

<カモミールティーの効能>

  • 安眠・リラックス効果
  • 風邪の初期症状や、月経痛の緩和
  • 歯肉炎や口臭予防
  • ガンの予防や、老化防止、アレルギー症状の緩和

アロマの世界では、カモミールは『神経を静めてリラックス効果を与える薬草』として有名なんです。

仕事の後や、バスタイム、就寝前に飲む事で、リラックス効果を高め、疲労回復を早めることが期待できます。

生理前のイライラや、寝つきの悪さ、中途覚醒などに悩んでいる人におすすめのハーブティーです。

チェストベリー

チェストベリーは、古くから生理痛の緩和などの女性特有の悩みの治療に用いられてきました。
そのため「女性のためのハーブ」とも呼ばれているんですよ!

チェストベリーは、プロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌を促進する働きがあり、月経前症候群(PMS)に効果があります。

また、チェストベリーに含まれる脂肪酸や、フラボノイド・アルカノイドも、女性ホルモンを整えてくれるんです。

<チェストベリーの効能>

  • 月経前症候群(PMS)の緩和
  • 無月経や月経周期の乱れの改善
  • 不妊の改善
  • にきびの改善 等

女性のためにハーブですが、妊娠中の女性やピルを服用している女性は飲むことができません。

黄体ホルモンに作用するため、ピルの効果を阻害したり、妊娠中のホルモンバランスを乱れさせてしまう原因になります。
ですので、妊娠中やピルを服用している方は、チェストベリーは避けるようにしましょう!

ローズヒップ

ローズヒップは、世界中で栽培されている身近なハーブなので、ローズヒップティーとしてスーパーで購入することができます。

ほんのりとした甘さと酸味が特徴のハーブティーです。
女性ホルモンの量を増やす効果があるため、生理周期の乱れや生理痛、無月経・無排卵にお悩みの方におすすめです。

<ローズヒップの効能>

  • 内臓脂肪の減少
  • 脂肪燃焼を促す
  • しわの解消や毛穴の引き締めなどの美肌効果
  • ストレス耐性の強化
  • 免疫力の向上
  • 女性ホルモンを整える
  • 生理痛・生理不順の緩和

ラズベリーリーフティー

ラズベリーリーフは、バラ科のヨーロッパ木イチゴの葉を乾燥させて作られたハーブです。
ラズベリーリーフティーは、陣痛を和らげる効果があることから、別名「安産のお茶」と呼ばれています。

名前から酸っぱそうな味を連想してしまいますが、実はほうじ茶のようなさっぱりとした味で飲みやすいんですよ!

生理の時に腰痛や腹痛を強く感じる人や、生理前のイライラとした気持ちが強い人におすすめです。

<ラズベリーリーフの効果>

  • 陣痛や生理痛の緩和
  • 母乳の生成を促す
  • 産後の肥立ちを良くする
  • 月経前症候群(PMS)の緩和
  • 炎症の緩和
  • 膀胱炎の緩和

ローズ

ローズは、その甘く華やかな香りから香水やシャンプー・入浴剤などに使用されています。
お茶にした時の味は、クセがなくさっぱりと楽しむことができますよ!

ローズティーには、女性ホルモンを整える作用があります。
更に、張り詰めた緊張を静めて、明るく前向きな気持ちになることができます。

生理前後に気持ちが落ち込んでしまう人におすすめです。

<ローズの効能>

  • 明るく前向きな気持ちになれる
  • 肌の保湿効果や、毛穴の引き締め効果
  • 更年期障害
  • 生理不順
  • 不妊

まとめ

「エストロゲン」と「プロゲステロン」の2つのホルモンで女性ホルモンは出来ています。

このホルモンは、僅かなストレスで簡単に乱れてしまうため、生理不順や生理前後のイライラなどの不快症状を引き起こしてしまうんです。

そこで、女性ホルモンを整えてくれるハーブティーを、日常的に飲むのをおすすめします。

女性ホルモンを整えてくれるハーブティーは・・・

  • カモミール
  • チェストベリー
  • ローズヒップ
  • ラズベリーリーフ
  • ローズ
ハーブティーごとに香りや味が異なるので、自分に合ったハーブティーを見つけてみてくださいね♪
大阪府枚方市出身、一児の母。 自分らしく働けるように、フリーランスライターとして独立。 健康や子育て、暮らしに役立つアイデア記事を執筆中。 2017年10月にライブドアブログからワードプレスに移転しました。 詳しいプロフィールはコチラ