シェアする

妊娠中のエコー写真の保管方法 エコー写真は消えるって本当!?

シェアする

久しぶりにエコー写真を見てみたら、色が薄れてきていたエトウ(@matome_etou)です。

育児と家事・仕事の忙しさですっかり忘れていましたが、エコー写真は放置していると消えてしまうんです!

「じゃぁ、いつかエコー写真は見れなくなっちゃうの!?」と焦りますよね。
でも大丈夫!
エコー写真の保管方法がちゃんとあるんです!

今回は、私がオススメする5つの保存方法をご紹介いたします。

スポンサーリンク

エコー写真が消えてしまう理由

我が子の初めての成長記録である「エコー写真」

数年後に第二子、第三子と妊娠した歳に、一人目のエコー写真を見てみると“消えていた”という人も多いのではないでしょうか。

そう、エコー写真は時の流れで薄れて消えてしまうんです!

エコーは、レシートなどと同じ「感熱紙」で出来ています。
レシートも数年放置しておけば、薄れたり黄ばんだりしてきますよね?

この感熱紙は、加熱された場所だけが化学反応を起こして黒色に変色するように、特殊な薬品が表面に塗られている紙です。

感熱紙は、時間の経過やアルコールや油分の薬品との接触・光や熱などが加わることによって、徐々に薄れて消えてしまいます。

そのため、大事な思い出であるエコー写真は、そのままにせず適切な方法で保管することをオススメします。

では、エコー写真をずっと保管するために、どのような方法がるのでしょうか。

ずっと楽しめる!エコー写真の保存方法とは

エコー写真が消えずに保管できる期間は、状態が良くて3~5年程度です。
私は、母子手帳に挟んで保管していたのですが、2年程度で薄れ始めていました。

産後に保管しなおそうと思っても、子育ての忙しさは想像を超えます。
可能であれば、妊娠中にエコー写真は別の方法で保管しておいたほうが良いですよ!

では、エコー写真の保管方法をご紹介いたします。

スキャナーで取り込む

自宅やコンビニなどの複合機で、エコー写真をスキャンしてデータ化しておく方法です。

データ化して保管しておけば、フォトブックや写真を注文することが出来ます。

もちろん、データをCD-Rなどの外部メモリなどに残しておくことも出来るので安心です。

しかし、スキャナーによってはスキャンの際に、エコー写真に光と熱を与えてしまうことがあります。

これにより、エコー写真が真っ黒になってしまった!というケースがあるので、まず始めにレシートなどでちゃんとスキャン出来るのか確認してから行うようにしてくださいね!

ナガバヤシ「フォトレコ」で取り込む

「100年台紙」などのアルバムで有名な“ナガバヤシ”が販売する、「フォトレコ」を使ってエコー写真を取り込む方法です。

フォトレコは、名刺サイズからはがきサイズの紙やネガ・エコー写真などを取り込んで、パソコンを使わずSDカードにデータとして残せるスキャナーです。

付属の特殊シートを使用してエコー写真を取り込むことで、エコー写真に光や熱が加わることなく取り込むことが出来ます。

ただし、長時間フォトレコを使用していると本体が熱を持つので、本体が熱くないか確認してからエコー写真を取り込むようにしましょう!

デジカメやスマホで写真を撮る

デジカメやスマホで、直接エコー写真を撮影してデータ化する方法です。
私はこの方法でエコー写真を保管しました!

私はデータ化した写真をパソコンに取り込んで、画像加工ソフトでコントラストなどの調整を行ってから写真にしました。
加工することで、陰影がくっきりするので見やすくなりますよ!

アルバムに挟む時に、手書きでメモなどを一緒に挟むことが出来るので、自分の好きなように思い出に残せるのが良いですね。

フォトブックにする

前述したように、データ化しておけばフォトブックにしてエコー写真を残すことが出来ます。
フォトブックにしておけば、写真にしてアルバムに閉じるという手間がかからないので便利ですね!

デザインや、写真の向き、コメントなどが限定されてしまうことがあるので、各メーカーごとに特徴をよく把握しておく必要があります。

私はいつも「ノハナ」でフォトブックを注文するのですが、ノハナは日付や短いコメントも入れられるのでオススメです。

スマホで撮って、そのまま専用アプリからフォトブックを作ることが出来ます。

カメラのキタムラ「おなかのフォトブック」を利用する

「データ化とかスキャンとか面倒!」という人は、“カメラのキタムラ”のサービス「おなかのフォトブック」でエコー写真を残す方法がオススメです。

店頭にエコー写真とフォトアルバムに収めたい写真とデータ・足型などを持って行き、注文書に記入して渡すだけでフォトブックが出来ちゃいます!

出産前にこのサービスを知っておきたかった・・・っ!

新生児のお世話で忙しくても、カメラのキタムラに全部お任せできるので大変便利です。

● 「おなかのフォトブック」注文方法


カメラのキタムラ 「おなかのフォトブック」より引用

  1. カメラのキタムラの店頭に、エコー写真の原板と命名書や出産直後の写真やデータなどを持って行きます。
  2. フォトアルバムに収める順番や天地を記入して、付箋で貼り付けておきます。
  3. 注文書に必要事項を記入します。
  4. 約1週間程度でフォトアルバムが完成します。

まとめ
エコー写真は感熱紙で出来ているので、時間の経過で薄くなって消えてしまう。
エコー写真は出来れば妊娠中に保管し直したほうが良い!
エコー写真の保管の仕方は、スマホやデジカメで撮影したり、スキャナーで取り込んでデータ化する方法と、カメラのキタムラの「おなかのフォトブック」にする方法がある。
自分に合った方法で、エコー写真をずっと楽しめるように保管しよう♪

大阪府枚方市出身、一児の母。 自分らしく働けるように、フリーランスライターとして独立。 健康や子育て、暮らしに役立つアイデア記事を執筆中。 2017年10月にライブドアブログからワードプレスに移転しました。 詳しいプロフィールはコチラ