シェアする

スマホやビデオで撮った子供の動画をDVDに残す方法!

シェアする

こんにちは、ズボラすぎて2年分の動画を溜め込んでいるエトウ(@matome_etou)です。

皆さん、スマホやビデオで撮り溜めた家族の動画は、どうやって残していますか?

DVD作成代行サービスもありますが、お金がかかってしまいますよね。

実は、無料ソフトwindowsムービーメーカーで簡単に動画編集が出来るんです!

windowsムービーメーカーで動画編集をしたら、完全無料のフリーソフト「DVD Styler」で、自分の好きなようにチャプター画面とメニュー画面が作れるんです!

今回は、実際に家族の動画を編集&オーサリングしながら、windowsムービーメーカーとDVD Stylerの魅力をご紹介いたします!

スポンサーリンク

windows ムービーメーカーをDLしよう

windowsムービーメーカーをDLする

長年windowsを愛用してきたユーザーなら、馴染みのある「windowsムービーメーカー」

実は2017年1月10日をもって、windowsムービーメーカーの配布とサポートが終了しました。

筆者のPCは、最低限のソフトしか入っていない格安PCだったので、DLしようと検索していたらこの事実に遭遇しました・・・

でも、大丈夫!

世の中にはミラーサイトなどで、windowsムービーメーカー(最新版は16.4x)のダウンロードファイルを置いてくれている、親切な人が居るので安心してください。

筆者は「softonic.jp」でDLしました。

リンク切れを起こす可能性も十分あり得るので、その際は「windowsムービーメーカー DL」などで検索してくださいね!

詳しいインストール方法は、以下のサイトで紹介されているので参考にしてみてください。

windowsムービーメーカーだけではDVDは作れない

windowsムービーメーカーは、あくまでPC内で再生する動画ファイルを作成するソフトです。

PCの中でしかDVDを再生しないのなら良いのですが、DVDを家のテレビで見たり、ご親戚の方に配る人は都合悪いですよね。

この場合はオーサリングソフトを使って、家電のDVDプレイヤーやゲーム機で見れるようにします。

windowsには、windowsDVDメーカーが搭載されているのですが(現在は配布終了)、DVDメーカーだと、外部の再生プレーヤーのアス比に不具合が起こるのでおすすめしません。

私は最初に、簡単にチャプター画面が作れてオーサリングも楽チンな、DVDメーカーを使っていましたが、外部プレイヤーで再生したところアス比がおかしくなってしまいました。

とても思い出として残せるようなもんじゃないので、作り直しました。

色々試してみて、私はチャプター画面の作成とオーサリングが簡単な「DVD Stler」でDVDを作成しました。

windowsムービーメーカーで家族の思い出DVDを作ろう!

DVDにしたい動画ファイルをムービーメーカーで開く

DVDにしたい動画ファイルを、ムービーメーカーにドロップ&ドラッグで開きます。

事前に動画の拡張子の変換を行う必要はありません。

そのまま読み込んだ動画ファイルを、直接開いていきます。

一度に沢山動画ファイルを読み込むと、表示されるまでに大変時間がかかります。

私はいつもムービーメーカーでは、日付や月ごとに動画を1本づつ編集しています。

1本編集して保存、また1本という具合にコツコツ作業しています。

理由は、読み込みやエンコードに時間がかかること以外に、時間をかけずにチャプター画面の作成をしたいからです。

チャプターにしたい再生場面を指定出来るのですが、めんどくさくて・・・

「生後○ヶ月」ごとや、「おじいちゃん家に帰省」などのイベントごとに動画を編集すると楽ですよ!

カットや文字入れ、アニメーションなどの編集作業を行う

動画の開始位置や終了位置の指定。

不要な箇所のカット作業。

「生後○○ヶ月と○○日目」などの文字要れ作業を行います。

「生後○ヶ月」などの経過日にちの計算は以下のページが便利です。

スマートフォンのアプリでもあるかもしれませんね。


文字は、アニメーションなしでそのまま表示させることも出来ます。

動画の始まりに「生後○ヶ月」とタイトルのように入れたいなら、アニメーションを指定して目立つようにすると良いですね。


不要な部分をカットしたら、フェードアウトなどのアニメーションを加えると、映像がブツッと切れず自然に次の動画へ進みます。

「DVDへの書き込み」で保存する

左上のフォルダーのアイコンをクリックすると、上記の画像のようなものが出てきます。

「ムービーの保存」をクリックし、「DVDへの書き込み」を選択します。

「DVDへの書き込み」と表示されていますが、実際にDVDに書き込むわけではありません。

動画の名前は日付にしておくと、分りやすいですね。

エンコードが始まるので、動画の再生時間によって10~30分、あるいはそれ以上時間がかかります。

PCが重くなるとエンコードも時間がかかるので、PCを使って別の作業はしないようにします。


エンコードが終わると、windowsDVDメーカーが勝手に起動しますが、×ボタンで閉じます。

DVD StylerでDVDを作ろう

DVD Stylerでメニュー・チャプター画面を編集して、オーサリングを行うやり方は、以下のサイトに詳しく書いてあるので説明は省きます。


私はテンプレートを使わず、画面の上で右クリックして追加→画像で息子の画像をトップ・チャプター画面の背景に設定しました。

メニュー画面

チャプター画面1

チャプター画面2

オーサリングは、windowsDVDメーカーと比べて時間がかかります。

150分の動画で1時間半はかかりました。

実際に、外部の再生プレイヤーで再生してみました。

トップ・チャプター画面は、少し画面が圧縮されたアス比になります。

でも、ちゃんと動画自体は再生されるので問題なかったです。

画質も良いので、フリーソフトでここまで出来れば十分なのではないでしょうか。

まとめ
  • windowsムービーメーカーを使うと簡単に動画編集をすることが出来る
  • windowsDVDメーカーは外部プレイヤーで再生するとアス比がおかしくなる
  • フリーソフトでDVDを作るなら「DVDStyler」がおすすめ
  • お金をかけなくても家族の思い出は自分で残せる!

大阪府枚方市出身、一児の母。
自分らしく働けるように、フリーランスライターとして独立。
健康や子育て、暮らしに役立つアイデア記事を執筆中。
2017年10月にライブドアブログからワードプレスに移転しました。
詳しいプロフィールはコチラ