シェアする

妊娠中の体重管理が最近になって厳しくなった理由とは

シェアする

妊娠が分かると、お腹の赤ちゃんを第一に考えるようになります。

それは、本能的に赤ちゃんを守ろうとしている”母性”の表れなんですね。

妊婦検診が始まると、…あれれ?

なんだか、イメージしてたほのぼのとした感じじゃない…。
(執筆者の個人的なイメージです)

「体重管理、気を付けてね」

「増えすぎると管理入院になりますよ!」


「1ヶ月で2kgは増えすぎ!」


めっちゃ体重のこと言われるやーん!

実際に妊娠してみて、想像以上に体重管理が厳しく感じた人も多いのではないでしょうか?
体重管理が厳しい産院で出産した執筆者が、最近になって妊婦の体重管理が厳しくなった理由をご紹介いたします!

スポンサーリンク

妊婦はとにかく太りやすい!

妊娠すると、お腹の赤ちゃんが健やかに育つことが出来るように、母体に様々な変化が起こります。
体重増加もその一つで、多くの妊婦さんがブチ当たる壁です。

妊娠すると、梅干とかレモンとか、口当たりが爽やかで酸っぱい食べ物を好きになる。
常に吐気がして、1日に何度も吐いてしまう。
異常に眠く、身体がだるい。
これらのつわりに悩む人も多いのですが、つわりはこの限りではありません!

薄味が気持ち悪く感じてしまい、濃い味付けの物しか食べられなくなってしまったり
特定の同じ食べ物しか受け付けられなくなる偏食つわり
常に食べ物を口に入れていないと気持ち悪くなる食べつわり
執筆者のように、つわり症状がほとんどなく、食欲だけが増してしまう妊婦さんも居ます。

妊娠初期から沢山食べてしまう人は、安定期に入る頃には体重増加注意と赤いハンコを母子手帳に押されてしまうことも少なくありません。

執筆者が出産した産院は、体重管理にとても厳しい産院として有名でした。
安定期に入るまでに、年末年始を挟んだこともあって、1ヶ月に3kg体重が増加してしまい、炭水化物の量を減らすように指導されました。
臨月に入る直前には、全ての炭水化物の摂取を禁止されるまでに・・・。
どんなに食生活を気をつけても、体重が増えるので、だんだんと妊婦健診が憂鬱になってしまった時期がありました。

でも、執筆者の母親世代の人達が妊婦の時は、体重管理に厳しくなかったようなんです。
実母も、「あんたの時は20kg太ったけど何も言われんかった」と言ってたくらい・・・。
なぜ最近になって、こんなに妊婦の体重管理に厳しくなったのでしょうか。

30年前はエコーが無かった

妊婦健診でお馴染みのエコー検査は、1980年代になって多くの産院で設備が整うようになりました。
現在の祖父母世代の時には、エコーで胎児の様子も性別も産まれるまで分からなかったんですね~!

エコーがなかった時代は、尿と血液の検査や、医師による内診、腹囲や子宮底の測定が妊婦健診の一連のメニューでした。
胎児の様子は、医師がお腹の上から手で探り、胎児の位置を把握することで、逆子などの胎児の異常を事前に発見していました。

エコーがありませんので、心拍を把握するのは、トラウベという胎児の心音を聞く専用の聴診器を使って確認していました。

出産も、自宅で出産するのが難しい場合は入院するという出産スタイルだったところも多かったようです。

妊娠初期に、妊娠の確認をするために受診して、それから産気づくまで診察なしなんてことも!
こうしてみると、現代と比べてとても原始的だったのが分かります。

医療の発展と進歩は日進月歩。
妊婦の身体の変化も研究が進み、妊婦の体重増加による胎児への影響が大きいということも分ってきたんですね。

妊婦が食べ物から摂取した糖質エネルギーは、胎児へ優先的に送られることが分りました。
これにより、母体の糖質が不足します。
不足した糖質は、身体が脂質で補おうとするので、脂肪が付きやすい身体になります。
これが、妊婦が太りやすい理由なんです。

妊婦の太りすぎによる胎児への影響とは、いったいどんな影響なのでしょうか?

妊婦の太りすぎは胎児に悪影響

妊娠前の体重(kg) ÷ 身長(m) ×2乗
これで、妊娠中にどれくらい体重が増加しても問題ないのかを把握することが出来ます。

18未満は痩せ気味。

18~24は標準。
7~10kgが理想の体重増加。

25以上は肥満。
5~7kgが理想の体重増加。

妊娠中の理想の体重増加は10~12kgまで。
この数値は、妊娠中に10kgまで増えても問題ないという訳ではありません。
1週間で、体重が500g以上増えることがないように注意する必要があります。
超えてしまったら、翌週は体重の増加を500g以下に抑えます。
ゆるやかな右肩上がりで体重を増やすことが、一番妊婦と胎児にとって優しい体重の増え方になります。

では、太りすぎるとどのような影響があるのか、一緒に確認していきましょう。

妊娠高血圧症候群

全妊婦の約3~7%に発症し、重症化すると母子共に命の危険があります。
高血圧や頭痛、めまい、倦怠感、むくみ等の症状が現れます。
妊娠経過が進むにつれ、徐々に血圧が上がることで、尿蛋白や血管障害、臓器障害を発症する疾患です。

妊娠20週~32週未満で発症した場合は「早発型」
妊娠32週以降に発症した場合を「遅発型」といい、早発型の方が症状が重くなる傾向があります。

妊娠高血圧症が進行することで考えられる、胎児への影響は様々です。
正常な位置にある胎盤が、分娩前に子宮壁から剥がれてしまい、大量出血を起こすリスクも・・・。

血流が悪くなるので、胎児に送る栄養や酸素が不足します。
それにより、赤ちゃんが十分にお腹の中で育たなくなる「胎児発育不全」「胎児機能不全」などを引きこし、低出産体重児や低酸素症で脳に悪影響を残してしまうこともあります。

妊娠糖尿病

妊娠中に初めて発症し、糖尿病には至らない軽度のものを妊娠糖尿病と言います。
今まで糖尿病に円も縁も無かった人が発症することもあります。
全体の12%の妊婦が発症し、産後に糖尿病を発症しやすくなります。

妊娠高血圧症候群を発症している場合は、妊娠糖尿病にもなりやすくなります。
それ以外にも、糖尿病の家族や親族が居る場合。
35歳以上の高齢出産の場合。
巨大児を出産した経験がある場合。
妊婦健診中に、尿糖で頻繁に陽性が出ていた場合は、妊娠糖尿病になりやすくなります。

怖いのが、妊婦自身に妊娠糖尿病の自覚症状がないことです。
自覚症状がなくとも、胎児への悪影響が大きいので、妊婦健診は欠かさず受けるようにし、早期発見が重要となります。

胎児への影響は、胎児発育不全、胎児機能不全を起こす可能性が高くなること。
先天的な奇形や、新生児の黄疸などの症状が現れる、高ビリルビン血症が起こります。
過剰なブトウ糖を吸収しすぎて、胎児が巨大児になってしまうこともあります。

巨大児

相称性巨大児と非相称性巨大児の2種類があります。
前者は体重が重いこと以外に問題はありません。
非相称性巨大児は、心臓、肝臓、肺、副腎、脾臓などの臓器の肥大が起こります。

妊婦の糖尿病の場合に起こることが多く、妊娠中の体重増加による影響で巨大児になることもあります。
母体が高血糖になることにより、胎児も高血糖になります。
高い血糖値を、正常に下げようとインスリンが多量に分泌されます。
このインスリンは、胎児の体重増加を促す作用があるので、赤ちゃんが巨大児になります。

胎児が大きいと、お産の進みが悪くなり、難産になる可能性が高くなります。
膣や会陰に大きな負担がかかり、産道に傷が付くことも多く、膀胱の麻痺や尿道を損傷するリスクが高まります。

赤ちゃんも、お産の際に鎖骨を骨折したり、腕の神経麻痺などの後遺症が残るリスクが高まります。

胎児の回旋異常による難産

お産の際、胎児は狭い産道を上手に通り抜けるために、回旋しながら産まれてきます。
回旋異常には様々な原因がありますが、妊婦の体重が増加し過ぎることも一つの原因になります。

妊婦の体重が増えすぎることで、産道に脂肪が付いてしまい、胎児が上手に回旋することが出来ません。

回旋異常になることで、胎児に大きな後遺症が残ることは少ないですが、お産が長引き難産となる可能性が高くなります。
事前に回旋異常が分っている場合は、帝王切開や吸引分娩など、予定していた分娩方法が変わることがあります。

妊娠中の体重管理は大切!

執筆者は、体重管理に非常に厳しい産院で出産しました。
妊婦健診がストレスに感じ、「2人目は別の産院で産む!」とまで思いました。

でも、体重管理に厳しい産院は、それだけ熱心に私たち親子を心配し、本当に心から、元気な赤ちゃんを産んで欲しいと願ってくれているんですよね。

妊娠中の体重管理は、本当にストレスです。
ストレスでしかないとも感じます。
でも、無事に出産を終えて、落ち着いた頃に「あの時、頑張って良かったなー!」と必ず思える日が来ます。

赤ちゃんの健康と健やかな発育。
そして、出来れば安産で元気に産まれてきて欲しい。
その思いを胸に、出産までの体重管理を頑張って続けてくださいね。
そして、産後は乳腺が詰まらない程度に、好きな物を食べてください!

大阪府枚方市出身、一児の母。 自分らしく働けるように、フリーランスライターとして独立。 健康や子育て、暮らしに役立つアイデア記事を執筆中。 2017年10月にライブドアブログからワードプレスに移転しました。 詳しいプロフィールはコチラ
スポンサーリンク

シェアする