シェアする

小児科医に聞いた!入浴を見直して子供を乾燥肌から守る方法

シェアする

寒い季節に、ママとパパを悩ませるのが子供の肌トラブル!
例に漏れず、執筆者の息子も乾燥肌で辛そうにしています。
特にお風呂上りが酷く、見ていて痛々しい・・・。
あまりにも辛そうだったので、かかりつけの小児科に行き、相談してきました。

今回は、
小児科医聞いた!入浴を見直して子供を乾燥肌から守る方法をご紹介いたします!

スポンサーリンク

子供の肌が乾燥しやすい理由

「子供の肌はデリケート」とよく言われますが、何故なのでしょうか。

健康な人間の皮膚は、一番外側にある角質層が持つ保湿機能バリア機能によって、皮膚の健康を維持しています。

この2つの機能は、乾燥を防ぐ役割のある皮脂と、水分を保持する働きのある天然保湿因子と、角質の働きを支える細胞間脂質の3つによってコントロールされています。

生後間もない赤ちゃんの肌は、母体から分泌されたホルモンの影響が残っているため、2ヶ月程度は一時的に皮脂の分泌が活発です。
ですが、成長と共に皮脂の分泌量が減っていき、乾燥しやすくなります。

子供の皮膚は、大人と比べて未発達なため、保湿機能やバリア機能が上手く機能することが出来ません。
その上、子供の皮脂は、大人の皮脂の1/2か1/3しかありません。
乾燥する冬場は、肌トラブルが起きて当然な状態なんですね。

乾燥肌以外にも、季節を問わず、子供は汗疹やおむつかぶれをよく起こします。
理由は、その小さい身体に大人と同じ量の汗腺が密集しているからです。
大人よりも汗をかきやすくなるので、汗で肌がかぶれてしまいます。

入浴を見直すだけで乾燥肌が改善する!

上記のように、子供は肌が大人の半分程度の厚みしかなく、皮脂も同様に薄くなっています。
低刺激の衣服にしたり、保湿をしっかり行うなどが効果的な対策になりますが、毎日の入浴を見直すだけで、乾燥肌が改善される可能性があるのをご存知でしょうか?

執筆者が、息子の皮膚炎で受診した際に、小児科医の先生に教えてもらったことをご紹介いたします。

ボディーソープを使うのは週に1~2回程度にする

寒い時期は、汗をかきにくいので、全身をボディーソープを使って洗う必要はないそうです。

脇の下や足の裏、膝の裏、顔など、汗をかきやすいポイントだけボディーソープを使って洗い、それ以外の箇所は基本お湯で流すだけで十分です。
週に1~2回程度の頻度で、全身をボディーソープを使って洗います。

夏場はこの方法だと汗疹になるのでオススメ出来ませんが、実際に息子に試したところ、汗疹も出来ず、ニオイもしませんでした。

余談ですが、ボディーソープは弱酸性のものが、肌への刺激が少なく、”石鹸負け”をしにくいそうです。

入浴時間は2~3分で十分!

「入浴時間が短かったら、ちゃんと温まれないんじゃないの?」と、思った親御さんも多いと思います。

子供は大人に比べて体温が高いのはご存知ですよね。
お風呂もぬるま湯を推奨されているので、冬場は40度程度のお湯で入浴している家庭も多いと思います。
大人は少しぬるく感じますが、子供はちょうど良いんですね。

前述したように、大人に比べて、子供の皮脂は半分程度しかありません。
40度のお湯というのは、皮脂が溶け出す目安温度なんです。
指先がふやけるまで入浴するのは、皮脂を溶かしきってしまうので、小さな子供にはNG
入浴時間が長くなればなるほど、皮脂が溶けてしまい、お肌は乾燥しやすくなってしまいます。

乾燥肌っ子の入浴は、40度までのお湯で2~3分程度にしてみましょう!

保湿剤は浴室の中で塗る

浴室の中で身体を拭いて、暖房の効いている部屋までダッシュ!
そこで初めて保湿クリームを塗っている親御さんが多いと思います。

お風呂から上がって、ならべく早くに保湿してあげた方が良いというのは、化粧水や乳液をよく使うママならご存知だと思います。
でも、一番オススメなのは、浴室内で保湿してあげることです!

「身体を拭ききれない浴室で塗ったら、ちゃんとクリームが塗れないんじゃないの?」と思われた人も多いと思います。
が、身体を拭ききれない時に保湿してあげるのがベストなんです!

理由は、ママの洗顔後のケアと同じです。
子供には、化粧水やローションをわざわざ使わなくても、身体にうっすら付いている水分が化粧水代わりになります。
微妙に濡れている状態で、保湿クリームを塗ってあげると、水分に蓋をすることが出来るので、お肌に浸透しやすくなります。

クリームとローションの違い

市販のベビーローションやオイル、クリームの違いを理解しておくと、子供のお肌の状態に応じて使い分けることが出来ます。

ローションは
オイルは
クリームは水と油の中間
このようにして覚えると分かりやすいですね!

春~夏は、程よい湿度で過ごしやすく、汗ばむのでローション。
秋~冬は、乾燥が気になるので、オイルかクリーム。
オイルはべたつきが気になる方が多いと思います。
服にも付きやすいので、個人的なおすすめはクリームです。
クリームにも、しっとりタイプとさっぱりタイプがあるので、子供の肌質や、気候に応じて使い分けてみてください。

執筆者の息子が使っている保湿剤

生後3ヶ月頃からお肌の乾燥が酷くなり、最初はドラッグストアなどで手に入る、ベビー用の保湿剤を使っていました。

ローションを塗ってからオイルにしたり。
クリームタイプだけにしたりと色々試しましたが、正直市販の物はどれを使っても、乾燥肌が改善されることはありませんでした。

とくにオイルを塗ると、汗腺を塞がれてしまうようで、ニキビのような赤いポツポツとした湿疹が出来てしまいました。

3ヶ月健診でも指摘されたこともあり、小児科を受診し、始めて処方薬の保湿剤を使いました。
これが息子には良く効いた!

秋~冬は、クリームタイプのヒルドイドを使用し、湿疹が酷い場合は、微量のステロイドを混ぜたヒルドイドを使用しました。
春~夏は、ローションタイプのヒルドイドを使用し、汗疹が出来た時は、同じく微量のステロイド入りヒルドイドを使用。
真夏は保湿剤を一切使わずに乗り切りました。
1歳7ヶ月現在、もうしばらくヒルドイドのお世話になりそうです。

小児科に行く前に入浴を見直してみよう!

乾燥肌があまりに酷いと、小児科や皮膚科の受診を考えますよね。
でも、寒い時期は病院での感染が心配です・・・。
病院に掛かる前に、今回ご紹介した入浴方法を是非試してみてください。
1週間程度で改善しなければ、医師の診断を受けてみましょう。

小児科だと、外来患者の少ない日時や、外来患者の来ない予防接種の予約枠などで予約が取れる場合があります。
かかりつけの小児科で一度電話で確認してみると安心です。

子供の肌は大人からすると未知。
あまり気負いせず、気軽に医師に相談してみましょう!

大阪府枚方市出身、一児の母。
自分らしく働けるように、フリーランスライターとして独立。
健康や子育て、暮らしに役立つアイデア記事を執筆中。
2017年10月にライブドアブログからワードプレスに移転しました。
詳しいプロフィールはコチラ

スポンサーリンク

シェアする