シェアする

部屋干し カビ 湿度管理対策にコロナの除湿機を買ってみた!

シェアする

こんにちは、湿度に過敏なエトウ(@matome_etou)です。

季節の変わり目や梅雨に、部屋干しの嫌な臭いや、カビに悩んでいませんか?

私と同じく、室内の湿度が高くて体調不良を感じている人も多いはず。

実は、部屋干し・カビ・湿度管理は除湿機で全部解決出来ちゃうんです!

除湿機にはコンプレッサー式とデシカント式とハイブリッド式の3種類があります。

どれを選んだら良いのか分らない~!

そもそも、除湿機を使うメリットってあんの?

全部まとめて、私が除湿機を使った感想を交えてご紹介いたします!

スポンサーリンク

除湿機の種類で選ぶ

除湿機にはコンプレッサー式・デシカント式・ハイブリッド式の3種類があります。

使う時期や頻度など、自分に合った除湿機を探すために、この3つの仕組みを理解しておきましょう。

コンプレッサー式

取り込んだ空気を冷やして水滴にすることで、除湿を行います。

この除湿の仕方は、エアコンと全く同じなんです。

水滴はタンクに溜まるので、使用後は排水する必要があります。

取り込んだ空気を冷やすので、気温が低いと除湿出来ません。


● メリット

梅雨や夏場の高温多湿に有効。
夏場の除湿力は3つの中で一番優れている。

消費電力が小さいので、電気代が3つの中で一番安い。

稼動時の室温上昇が比較的1~2℃程度と少ない。

● デメリット

冬場は気温と湿度が引くため、水滴になりにくく稼動力が落ちる。

稼動音が大きい

デシカント式

乾燥剤に水分を含み除湿を行います。

乾燥剤を内部のヒーターで温めて再利用するので、買い換える必要はありません。

冬にも使える除湿機です。

● メリット

内部ヒーターで温めて除湿を行うため、気温が低くても除湿出来る。(年中使える)

ヒーターを熱して除湿するので、稼動音が小さい


● デメリット

ヒーターを使うため、電気代がコンプレッサー式の倍はかかる。

ヒーターを使うので、室温が3~8度上がる。

ハイブリッド式

パナソニックのみが販売しています。

コンプレッサー式・デシカント式の、両方の特徴を備えています。

1年中使えます。

● メリット

コンプレッサー式とデシカント式の、両方の良いところを備えている。

気温に左右されずに、1年中安定して使うことが出来る。

● デメリット

本体の値段が高い。

内部センサーが搭載されており、温度と湿度によってデシカント式と、コンプレッサー式を使い分ける。
そのため、デシカント式の運転になると電気代が高くなる。

ヒーターを使うため、室温が3~9度上がる。

除湿機を使うメリットとデメリット

私は部屋の湿度に敏感で、雨の日に屋内の湿度が70%を超えると頭痛を感じてしまうんです。

梅雨や季節の変わり目の雨続きにうんざりしていたので、思い切って除湿機を購入しました。

除湿機を購入して2ヶ月が経過して、「買ってよかった!」と思う除湿機のメリットをご紹介いたします。

除湿機を使うメリット

  • 室内の湿度調整が出来る
  • カビ対策が出来る(浴室や和室など)
  • 部屋干ししても臭わない
  • 部屋干しした衣類が天気の良い日に外干ししたみたいに乾く
  • コンプレッサー式なので、電気代があまり気にならない
  • タイマー付きの除湿機なら消し忘れの心配がない

私が感じたメリットがこちら。

私はまだ経験していませんが、他にも冬場に窓の結露を軽減できた。

部屋にある金属のサビを防止することが出来た。等

これらの感想から、除湿機は私たちの生活に役立つことが分りますね!

しかし、除湿機を実際につかってみてデメリットを感じることもありました。

除湿機を使うデメリット

  • 重たいので持ち運びが大変
  • やや稼動音が気になる
  • 温風が出るので、真夏の湿度調整には使えないかも
  • コンプレッサー式は冬場は使えない
ウィンドウエアコンを使用している人はイメージしやすいのですが、私が買った除湿機はウィンドウエアコンの稼動音にとても似ています。

テレビや音楽を、見たり聞いたりしている真横では使えないと思います。

衣類乾燥で長時間稼動させる時は、私は部屋干し用の部屋を作って締め切っています。

コロナ衣類乾燥除湿機 / CD-S6316を買ってみた

私が電気屋さんと相談して買ったのは、コロナの除湿機です。

アイリスオーヤマやパナソニックなど、除湿機を販売しているメーカーは数多いのですが、性能はコロナが一番高いんだそうです。

私の場合は、春~秋の初めにかけて、室内の湿度が高いと体調が悪くなること。
部屋干しや布団の乾燥などもしたいので、衣類乾燥機能がついているもの。
タイマーつきのもの。
節電モードのあるもの。

この4つの条件に合ったのが、コロナの除湿機でした。

コンプレッサー式なので、稼動音は気になりますが、電気代や室温上昇は差ほどきになりません。

部屋干しした衣類は、6時間程で天気の良い日に外干ししたようにカラッと乾いています。

布団も、つっぱり棒にぶら下げておけば、干したようにふんわりと仕上がります。

布団乾燥機にしようか、除湿機にしようか悩んだのですが、大量にある洗濯物をパワフルに乾かしたかったので除湿機にしました。

結果、除湿機を買ってよかったです。

ちなみに、部屋干し用のつっぱり棒は本当に便利ですよ!

倒される心配がないので、小さな子供や赤ちゃんの居るご家庭にオススメです。

まとめ
  • コンプレッサー式・デシカント式・ハイブリッド式から自分に合ったタイプを選ぼう
  • 除湿機があると、部屋の湿度調整やカビ対策・部屋干し乾燥に役立つ
  • 多少の室温上昇は覚悟する
  • 部屋干しで長時間稼動する時は専用の部屋を作る
  • 除湿機はコロナが一番性能が高い(電気屋さん談)

今回は珍しく長編になってしまいました。

季節の変わり目や梅雨時の雨続きに、除湿機は本当に便利です。

多少のデメリットはありますが、メリットのほうが多いので気にならなくなります。

ご家庭に合った除湿機を探してみてくださいね!

大阪府枚方市出身、一児の母。 自分らしく働けるように、フリーランスライターとして独立。 健康や子育て、暮らしに役立つアイデア記事を執筆中。 2017年10月にライブドアブログからワードプレスに移転しました。 詳しいプロフィールはコチラ
スポンサーリンク

シェアする