ブリーチ後の色抜けには髪に優しい「カラーバター」でメンテナンスがオススメ!

シェアする

先日、5年ぶりに髪の毛を染めたエトウ(@matome_etou)です。
ブリーチとカラーのダブルカラーという方法で染めたのですが、ブリーチをするとキューティクルが開きっぱなしになるため、1~2週間程度でヤンキーみたいな金髪になりました…。

ブリーチ後の色抜けのメンテナンスとして、エンシェールズから発売されている「カラーバター」を使って、今回は髪の毛を染めていきたいと思います!

関連記事

カラーバターとは

カラーバターは、エンシェールズから販売されているトリートメントを主成分とした、言わば「染めるトリートメント」
カラー剤ではないため、染めても髪の毛への負担がほぼ無く、サラッサラヘアになります。

色はナチュラルなブラウン系からシルバーやグリーンなどビビットなカラーまで、全24色。

最大の特徴は、カラー剤とは違い自宅でやるセルフカラーでも、簡単に綺麗に染められること。
そして、好きな色と色を混ぜ合わせるだけで、自分だけのオリジナルの髪色にすることができます。

今回私は染めたのは、ヘンプグリーンアッシュミルクティーを4:6で混ぜてアッシュグリーンを作って染めました。

さて、こんな髪に良いことづくしの「魔法のカラー剤」と聞くと、早く使ってみたくなりますよね。
それでは、私が実際にカラーバターでブリーチ後のメンテナンスを行なった方法をご紹介いたします。

カラーバターで染めてみた

前回の記事で染めたダブルカラー後から2週間が経過し、すっかり赤茶色になってしまった髪色です。

光が当たると、ヤンキーのような金色になる部分も・・・。
私は趣味じゃないので、早急になんとか染めたい。

今回使用したのは、前述したようにヘンプグリーンアッシュミルクティーです。
近くに売ってるところが無かったので、アマゾンさんで購入しました。

用意するもの

  • ダイソーの毛染め4点セット・A
  • 汚れても良い服、もしくはタオル
  • ハンドクリーム
  • 使い捨て容器
  • 割り箸
  • テッシュ

染め方

こちらの動画を参考に私は染めました。
さすが公式。
とても分かりやすく丁寧に解説されています。


<① 着替える>

汚れても良い服か、タオルを首回りにまきます。
髪の長さに関わらずカラーバターが胸元や肩に付きやすいので、必ず付けるようにしましょう。
服の場合は、前開きのシャツなどが便利です。

ダイソーの毛染めセットのイヤーキャップと手袋・エプロンを装着します。
顔など色が付いたら困るところにハンドクリームを塗ります。
うなじなども付きやすいので、忘れずに塗りましょう。

<② 色を作る>

使い捨て容器に、アッシュミルクティーヘンプグリーンを4:6で混ぜて色を作ります。
混ぜる時は100円の小さなあわ立て器を使ったほうが混ぜやすいですが、今回はないので割り箸で混ぜます。

混ぜたらこんな感じ。
くすんだ緑になりました。

<③ 素手で塗っていく>

ムラがないように、全体的に素手で揉みこむように塗っていきます。
今回はしなかったのですが、髪の毛をブロッキングすることでより塗りやすくなります。

<④ ラップを巻いて好きなだけ放置する>

トリートメントなので、放置する時間は長くても短くても良いです。
私は待っている間にブログの更新などをしていたので、1時間放置していました。

ラップを巻くことで、浸透率を上げるのと、他のところにカラーバターを付着させないようにすることができます。

<⑤ シャンプーとリンスで整える>

後は洗い流すだけです。
公式ではトリートメントなのでシャンプーは要らないとされていますが、お湯洗いだけだとどうしてもカラーバターが取りきれないので、私はシャンプーとリンスで整えました。

カラーバターで染めたあとがこんな感じ。

光が当たるとほのりアッシュグリーンになる!
やっと念願だったアッシュグリーンや!やっほい!

カラーバターの色落ちについて

カラーバターで染めてすぐ記事にしなかったのは、カラーバターの色落ちまでの期間を調べたかったからなんです。
ブリーチをすることで、キューティクルが開きっぱなしになるため、色によっては1~2週間程度で色落ちしてしまいます。

前回ブリーチとカラー剤で美容室で染めてもらった時は、2週間でヤンキーの髪色になっていましたが、今回は1週間程度で緑の色味が抜けてしまいました。
金髪とまではいきませんが、茶色が目立つ髪色になったため、再びメンテナンスしました。

色にもよりますが、1~2週間程度で色が抜けてしまうと考えておくと良いですね。

まとめ

エンシェールズから発売されている「カラーバター」は、トリートメントを主成分にしている「染めるトリートメント」です。
カラー剤ではないので髪への負担が少なく、好きな色を混ぜてオリジナルなヘアカラーを楽しむことができます。

自宅でセルフカラーを行う時は、服や周囲が汚れないように気を付けます。
素手でムラなく揉みこみ、好きなだけ放置します。
約1週間程度で色が抜けるので、色が抜けたら再びメンテナンスてしていきます。

カラー剤ではないため、度重なるメンテナンスでも髪を傷めることなく、ケアしながら染めることできるのが最大の魅力です。
ブリーチ後の色抜けに悩んでいる方は、カラーバターでメンテナンスしてみてはいかがでしょうか?

大阪府枚方市出身、一児の母。
自分らしく働けるように、フリーランスライターとして独立。
健康や子育て、暮らしに役立つアイデア記事を執筆中。
2017年10月にライブドアブログからワードプレスに移転しました。
詳しいプロフィールはコチラ